中古の電動アシスト自転車は、バッテリーに注意。

電動アシスト自転車は10万以上するものが多いため、中古で安く買いたいと思う人も多い。
中古の電動アシスト自転車ですが、外見上の劣化についてはしょうがないとはいえ、中身が大丈夫なのかについては実際に乗ってみないことにはわからない。

中古の電動アシスト自転車は、ある程度壊れていることを前提に購入したほうがいいだろう。

中古電動アシスト自転車専門店

最近は、中古の電動アシスト自転車の専門店もある。
中古専門店の場合、どこからか安く買ってきて、利益が出るように売る。

残念ながら、きちんと自転車のチェックと整備をしてから販売するところもあれば、ほとんどチェックもせずに転売するだけの中古店もある。

これを素人さんが見抜けるかというと、残念ながら難しい。

中には、ワイヤーが切れかけの状態でもそのまま転売するような業者もいる。
運営者は過去に、中古の電動アシスト自転車専門店の人と縁があってお話しする機会があったが、2件はきちんと整備してから販売していた。
1件は、ただの転売屋。

自転車はきちんと整備していないと、命にもかかわる。
モラルとして、きちんと整備してから販売して欲しいところだ。

バッテリーについては

中古の電動アシスト自転車についてくるバッテリーについては、期待しないほうがいいだろう。
バッテリーは保管状況が悪いだけでも劣化が進む。
バッテリーの残量ボタンを押せば、バッテリーの劣化度も計測できる機能がある。

保管状況が悪いバッテリーの場合、劣化度はそれほどでもないと表示されるのだが、使ってみるとバッテリーの持ちが悪いことも多い。
そのため、バッテリーについては「動けばいいな」くらいの期待度でいたほうがいい。

きちんと整備してから乗ることが大切

今は中古の電動アシスト自転車専門店でも、インターネット通販が多い。
購入する前に実物を見ることができないので、届いてみないと乗れる状態なのか、危険性があるのかがわからない。

こういう自転車も、出張修理をしている自転車店に頼めば、一通りチェックしてくれるし、不具合があれば修理してくれる。
出張の自転車修理店をうまく活用しましょう。


関連記事

  1. 自転車に乗るとき、アイウェアはヘルメット並みに大事。

  2. 寒い冬に必須!防寒バッチリの自転車用グローブ9選。

  3. パナレーサーから小型軽量ミニフロアポンプ「BMP-24AEZ」が登場。

  4. カーボンシートポストがズリ落ちるときにはコレ。

  5. 激安自転車組立の問題点。

  6. シェアサイクルで事故を起こしてしまったとき、自転車保険は下りるのか?

  7. 子供向けでもビアンキ!PIRATAというジュニア用バイク。

  8. 2022年4月は20.7万PVでした。

  9. 【2022年モデル】NESTO LIMIT3はフロントギアがシングル仕様で登場。

  10. Fuji MADCAPとRAIZの違い。

  11. シマノのグラベルコンポ、GRXの重量まとめ。

  12. リアディレイラーのハンガーが折れた・曲がった場合の対処法。