BIANCHI ROMA2&ROMA3。2022年モデルで変更された点はどこ?

人気が高いブランドのビアンキ。
クロスバイクのROMAシリーズは2022年モデルでも継続です。

2021年モデルと比べて変更された点を見ていきます。

ROMA1がカタログ落ち

2021年モデルでは、ROMA1もありましたが、2022年モデルではカタログ落ちしています。
ROMA1はロードバイク用コンポーネントのティアグラを採用したモデルでしたが、2022年モデルではロードバイク用コンポーネントを使ったROMAが消滅。

全てMTBコンポーネントになっているので注意です。

2022 BIANCHI ROMA2&3


ROMA2とROMA3の違いは、主に変速段数です。
ROMA2は2×9変速で、ROMA3は2×8変速。
フレームはどちらも同じもの。

まずはROMA2について2021年モデルとスペックを比較してみます。

2022 ROMA2 2021 ROMA2
シフター シマノ アセラ
クランク シマノFC-MT210-2 48/32T
FD シマノ アルタス シマノ アセラ
RD シマノ アセラ シマノ アルタス
スプロケット シマノCS-HG200-9 9sp 11/32T
ブレーキ シマノ BR-UR300(油圧ディスク)
ブレーキレバー シマノBL-MT200
ホイール Alex RXD3
タイヤ Kenda Kadence 700x28C
値段(税込) 132,000 126,500

 

MTBコンポーネントの場合、アセラのほうがアルタスよりも上位ですが、2021年モデルと比較してほぼ同じスペック。
フロントディレイラーとリアディレイラーが逆転してますが、それ以外はほぼ同じ。

値段は大きく上がっていますが、シマノ製品が大きく値上げされているため仕方がありません。

続いてはROMA3を比較します。

2022 ROMA3 2021 ROMA3
シフター シマノ SL-M315
クランク シマノ  FC-TY501-2 48/32T
FD MICROSHIFT M36 シマノ ターニー
RD MICROSHIFT T382 シマノ アルタス
スプロケット シマノCS-HG200 8sp 12/32T
ブレーキ シマノBR-UR300(油圧ディスク)
ブレーキレバー シマノ BL-MT200
ホイール 87,780 Alex ATD470
タイヤ Kenda Kadence 700x28C
値段(税込) 93,500 87,780

 

シマノ製品の供給が悪く入手が困難な時代なので、フロントディレイラーとリアディレイラーはシマノではなくマイクロシフト製に変更されています。
値段が上がっているのもしょうがないところ。


ROMAシリーズの特徴

ビアンキのROMAシリーズは日本のオリジナルのクロスバイクで、グローバルモデルではありません。
アルミフレームにアルミフォークを装備してキビキビした走りがウリのクロスバイクですが、油圧ディスクブレーキを装備するなど制動力にも定評がある一台。

コロナ禍でどこのメーカーも入手が困難になっていることや、入荷状況も思わしくないようですので欲しい方はお早めに。

関連記事

  1. タイヤを拭く重要性。迷わず拭けよ拭けばわかるさ。

  2. 無意味なパンク防止剤の実験。

  3. サイクルベースあさひのサイクルメイトが大幅に変更。保険が充実した新しい形。

  4. コーダーブルームKESIKI。やっと販売開始に。

  5. 自転車の洗車は水をなるべく使わないことがポイント。

  6. シティサイクル(ママチャリ)のパンクを予防する、たった二つの方法。

  7. 街の自転車屋が減っていった理由。

  8. ロードバイクやクロスバイクのパンクは、パッチ修理しないのが一般的。

  9. クレジットカード対応の出張自転車修理屋さんはかなり少ない

  10. スポーツ自転車専門店は、ママチャリの修理が出来ない。

  11. 10万円以下のロードバイク、おすすめ5選。

  12. 自転車のチェーンは伸びる。定期的に交換を。

アーカイブ