シマノ新作デュラエース(R9200)&アルテグラ(R8100)が登場。今後はディスクブレーキが主流になるか?

コンポーネント界最大手のシマノから、新作のデュラエースとアルテグラが発表されました。
例年でいうと、デュラエース発表の翌年にアルテグラという流れでしたが、今回はいろいろとイレギュラーな発表&内容となっているので注目度が高い。

デュラエース(R2900)とアルテグラ(R8100)

従来通りでいうと、デュラエースにもアルテグラにもワイヤー式変速と電動変速(Di2)の両方が設定されていました。
しかし今回発表されたデュラエースとアルテグラには、ワイヤー式変速が一切ありません。

デュラエース アルテグラ
リムブレーキ 電動変速(Di2)

R9250

電動変速(Di2)

R8150

ディスクブレーキ ワイヤレス変速(Di2)

R9270

ワイヤレス変速(Di2)

R8170

※ディスクブレーキ用コンポは、有線電動変速も可能。

従来のワイヤー式変速は一切なく、全て電動変速になっているのがポイント。
またデュラエースについては、ディスクブレーキ用のみワイヤレス変速です。

新しいデュラエースR9200は、史上最速のシフトと名乗るほど滑らかで素早い変速が可能になっています。
重量としては、前作と比べてほとんど変化がありません。

デュラエースの比較を、前作のR9100と新作R9200でみてみます。

R9200 R9100
STI 350g 320g
クランク(50-34T) 685g 614g
FD 96g 104g
RD 215g 197g
チェーン 242g 246g
スプロケット(11-30T) 223g 212g
BB 54g 54g
ブレーキキャリパー 229g 250g
 ブレーキホース 60g 60g
ディスクローター 212g 234g
ケーブル/ EW 14,5g 39.9g
バッテリー 53g 50g
JCT-A(EW-RS910) 6.4g
JCT-B(SM-JC41) 4g
ワイヤレスユニット(EW-WU111) 3g
合計 2433.5g 2393.3g

クランクがちょっと重くなったことや、STIがやや重くなっているので、トータルとしては前作よりもやや重量は増加。

続いてはアルテグラの重量。

R8100 R8000
STI 391g 360g
クランク(50-34T) 700g 674g
FD 116g 133g
RD 262g 240g
チェーン 252g 257g
スプロケット(11-30T) 297g 269g
BB 66g 66g
ブレーキキャリパー 282g 285g
 ブレーキホース 60g  60g
ディスクローター 212g 251g
ケーブル/ EW 14.5g 39.9g
バッテリー 53g 50g
JCT-A(EW-RS910) 6.4g
JCT-B(SM-JC41) 4g
ワイヤレスユニット(EW-WU111) 3g
合計 2705.5 2698.3g

重量は前作よりもわずかに重いくらい。

スプロケットの歯数の選択がたったの二種類のみとなってしまいました。
デュラエースもアルテグラも、11-30Tと11-34Tのみ。

入荷予定は少ない見込み

シマノは現在、あらゆるパーツについて品薄が続いていることと、完成車用のコンポーネント供給を優先させているため、入荷数はそれほど多くない見込みです。
残念ながらこれについては奪い合いになるかもしれません。

例年だと、旧モデルのデュラエースやアルテグラが大幅な値下げになるのですが、今年に関してはそもそも旧パーツも在庫切れが相次いでいるので、大幅な値下げも期待できそうにありません。

なお新しい12sスプロケットは、今までの11s対応ホイールで使うことが出来ます。
新しくデュラエースのホイールも登場していますが、こちらに関しては12sスプロケットしか使えないので注意が必要です。



関連記事

  1. 不在中に修理してくれる自転車店にはご注意!

  2. 夏場のサイクリングに必須!熱中症を避ける4つのアイテム。

  3. オススメのフラットペダルは、やはり三ヶ島。

  4. Fuji MADCAPとRAIZの違い。

  5. 抱っこ紐を使って自転車に乗るのは合法?違法?どっちなの?

  6. ママチャリのギシギシチェーン、注油してますか?

  7. 危険な自転車事故から身を守るために

  8. 持ち込みパーツの組み立ては、断られることも。

  9. 自転車チューブの不良品?そんなに多いのか?

  10. バーエンドキャップでオシャレ感を。

  11. クロモリフレームのアヘッドステムとスレッドステム。

  12. 激安自転車組立の問題点。