2022年モデル、コーダーブルームのFARNA CLARIS。約10万でエントリーグレードの一台。

コーダーブルームは日本のブランドですが、コストパフォーマンスがいいことでも知られています。
近年ロードバイクはパーツの高騰などで値段が上がってきていますが、FARNA CLARISはアントリーグレードとしてお買い得な一台です。

2022 コーダーブルームFARNA CLARIS


FARNAクラリスは値段が税込10万9890円とロードバイクの中ではお買い得な価格帯。
アルミフレームにカーボンフォークを搭載した一台ですが、ポイントとなるのはフレーム。
EAST-Lトリプルバテッドの軽量なアルミフレームを使っているため、完成車重量が9.5キロとクラリス完成車の中では軽い部類に仕上がっています。

コンポーネントはシマノのクラリス(2×8変速)。
ロードバイク用コンポーネントの中では最もグレードが低いコンポーネントとはいえ、シマノは低グレードでも変速性能がしっかりしているため、値段を考えれば十分満足できるところ。

ブレーキまでシマノのクラリスになっていますが、シマノ製ブレーキとはいえクラリスグレードだとそこまで効きがいいものではないため、予算があるようであればブレーキキャリパーだけ105にしておくことをお勧めします。


ホイールはシマノの完組ホイール、R501。
この価格帯ではまあまあいいホイールで、多くのブランドでは10万円程度の完成車ではオリジナルの手組ホイールとなっていることが多い。
それらに比べると軽量なホイールです。
ただしR501は11速に対応しないホイールなので、105以上のコンポーネントに変えたいときにはホイールも交換が必須となってきます。

FARNAクラリスのメリットは主に3点。
・フレームが他社同価格帯よりも軽量で質がいい
・値段が手ごろ
・ホイールが他社同価格帯の完成車よりも軽い

スタンドも装着可能

ロードバイクにスタンドをつけることはあまりお勧めできませんが、FARNAクラリスはコーダーブルーム純正のスタンドを装着することも可能になっています。
通勤通学でロードバイクを使う人にとっては、メリットが大きい。

この時代、コロナ禍でどこのブランドもロードバイクの入手性が悪く、数ヶ月から1年近く待つケースもあるので、欲しい人はお早めにどうぞ。

関連記事

  1. 2022年4月は20.7万PVでした。

  2. キャットアイから新作リアライトViz300が登場。デイライトでも明るく見やすく。

  3. ブレーキシューの位置に注意!パンクの原因に。

  4. 空気入れは無料?自転車店が抱える悩みとは?

  5. GIANT CONTEND0(ゼロ)。2022年モデルには105モデルがあります。

  6. 自転車屋の空気入れは無料?有料?どっちが適正なのだろう。

  7. 安いママチャリと高いママチャリの差。

  8. なぜロードバイクはビンディングペダルを使う?

  9. 45都道府県の出張対応の自転車修理店を公開しました

  10. 各社、自転車が大幅な値上げに!

  11. ママチャリの空気が1日で抜ける!その理由は?

  12. 自転車ベルは、歩行者に向けてはならない。