ペットボトルでも安定するボトルケージ。

ロードバイクやクロスバイク用のボトルケージは、自転車用ボトルを基準に作られているため、ペットボトルを入れるとガタガタして安定しなくなります。
けど自転車用ボトルよりもペットボトルを使いたい!という人もいます。

そんな人にはペットボトル用ボトルケージがオススメ。

ペットボトル用ボトルケージ

ペットボトル用のボトルケージと言えば、定番はトピークのモジュラーケージ。




トピークのモジュラーケージの特徴ですが、自転車用ボトルでも使えるし、ペットボトルでも使えること。
固定部が可変式になっているため、使いたいボトルの際に合わせて拡張したり縮小させて固定できます。

ペットボトルで使う場合も、ペットボトルの幅に合わせて固定してしまえばガタも出ません。

そのほかでは、OGKからペットボトル専用のボトルケージが出ています。


こちらはペットボトル専用なので自転車用ボトルは使えません。
使い勝手という面では、可変式になっていてボトルの幅に合わせて固定できるトピークのモジュラーケージのほうが人気が高い。

ペットボトルをあえて使う人も

自転車乗りの場合、自転車用ボトルを毎回洗って使う人が多いですが、衛生面で気になる人や洗浄するのが面倒だと思う人もいて、あえてペットボトルを使う人も。
ただしペットボトルの場合は、毎回蓋を手で開けないと飲めません。

TNIから出ているペットボトル用キャップに変えることで、わざわざ蓋を開ける作業をしなくても走行中に飲めるようにできます。


関連記事

  1. 自転車ヘルメットが全年齢に努力義務になる予定。

  2. 9月は115000PVでした。

  3. 自転車通勤をする方が、パンクを最大限避けるための3つのコツ。

  4. 安全意識が強い人は、もはやダブルライトは当たり前の時代へ。

  5. 11sチェーンで最も耐久性がいいのは、WIPPERMANN CONNEX 11SX。

  6. 自転車の交通違反について、少額違反金制度が作られる。

  7. クロスバイク用フロントライトのおすすめ5選。通勤通学の必需品。

  8. 大人でも人気!ジュニア選手用のジュニアカセットスプロケット。

  9. 安易に軽量化達成!軽量アルミステムでお財布にも優しい。

  10. ロードバイクやクロスバイクの一台目は、通販で買わないことが肝心。

  11. パンク防止剤(スライム)は入れないほうがよい

  12. スポーツ自転車はサドルが高い位置にある。初心者さんの中には、怖いと思う人も。