ペットボトルでも安定するボトルケージ。

ロードバイクやクロスバイク用のボトルケージは、自転車用ボトルを基準に作られているため、ペットボトルを入れるとガタガタして安定しなくなります。
けど自転車用ボトルよりもペットボトルを使いたい!という人もいます。

そんな人にはペットボトル用ボトルケージがオススメ。

ペットボトル用ボトルケージ

ペットボトル用のボトルケージと言えば、定番はトピークのモジュラーケージ。




トピークのモジュラーケージの特徴ですが、自転車用ボトルでも使えるし、ペットボトルでも使えること。
固定部が可変式になっているため、使いたいボトルの際に合わせて拡張したり縮小させて固定できます。

ペットボトルで使う場合も、ペットボトルの幅に合わせて固定してしまえばガタも出ません。

そのほかでは、OGKからペットボトル専用のボトルケージが出ています。


こちらはペットボトル専用なので自転車用ボトルは使えません。
使い勝手という面では、可変式になっていてボトルの幅に合わせて固定できるトピークのモジュラーケージのほうが人気が高い。

ペットボトルをあえて使う人も

自転車乗りの場合、自転車用ボトルを毎回洗って使う人が多いですが、衛生面で気になる人や洗浄するのが面倒だと思う人もいて、あえてペットボトルを使う人も。
ただしペットボトルの場合は、毎回蓋を手で開けないと飲めません。

TNIから出ているペットボトル用キャップに変えることで、わざわざ蓋を開ける作業をしなくても走行中に飲めるようにできます。


関連記事

  1. Fuji MADCAPとRAIZの違い。

  2. ぼったくり自転車店と修理。

  3. ラテックスチューブのススメ。

  4. 空気入れは無料?自転車店が抱える悩みとは?

  5. 都立高校の自転車通学は、ヘルメット着用が条件に。

  6. パンク防止剤の問題点。

  7. 2月の人気記事一覧。

  8. AU損保が「出張自転車修理」に対応。ロードサービス以外にもより便利に。

  9. FELT VERZA SPEED40。2022年も継続モデルです。

  10. オススメ自転車用ミラー6選。クロスバイクやロードバイクだけではなくママチャリにも。

  11. 自転車レーンは駐停車が禁止?正しく理解しよう。

  12. 大きなパンク穴はチューブ交換。