ペットボトルでも安定するボトルケージ。

ロードバイクやクロスバイク用のボトルケージは、自転車用ボトルを基準に作られているため、ペットボトルを入れるとガタガタして安定しなくなります。
けど自転車用ボトルよりもペットボトルを使いたい!という人もいます。

そんな人にはペットボトル用ボトルケージがオススメ。

ペットボトル用ボトルケージ

ペットボトル用のボトルケージと言えば、定番はトピークのモジュラーケージ。




トピークのモジュラーケージの特徴ですが、自転車用ボトルでも使えるし、ペットボトルでも使えること。
固定部が可変式になっているため、使いたいボトルの際に合わせて拡張したり縮小させて固定できます。

ペットボトルで使う場合も、ペットボトルの幅に合わせて固定してしまえばガタも出ません。

そのほかでは、OGKからペットボトル専用のボトルケージが出ています。


こちらはペットボトル専用なので自転車用ボトルは使えません。
使い勝手という面では、可変式になっていてボトルの幅に合わせて固定できるトピークのモジュラーケージのほうが人気が高い。

ペットボトルをあえて使う人も

自転車乗りの場合、自転車用ボトルを毎回洗って使う人が多いですが、衛生面で気になる人や洗浄するのが面倒だと思う人もいて、あえてペットボトルを使う人も。
ただしペットボトルの場合は、毎回蓋を手で開けないと飲めません。

TNIから出ているペットボトル用キャップに変えることで、わざわざ蓋を開ける作業をしなくても走行中に飲めるようにできます。


関連記事

  1. 安すぎる自転車の組み立て工賃、それは手抜きです。

  2. 2022年2月は16.5万PVでした。

  3. ママチャリの空気はどれくらい入れたらいいの?

  4. コーダーブルームのRAIL ACTIVEに注目すべき3つの理由。

  5. 自転車に「ベル」を装備していないと違反!

  6. ロードバイクのブレーキは105以上にした方がいい3つの理由。

  7. 4月は39000件のアクセスがありました。

  8. ロードバイク・クロスバイクで追突事故を防ぐ!デイタイムライトを是非!

  9. ラテックスチューブのススメ。

  10. カーボンの自転車は壊れやすいのか?

  11. ハブにオイルを使ってはいけない。

  12. タイヤを拭く重要性。迷わず拭けよ拭けばわかるさ。