ママチャリのタイヤが劣化する原因。

タイヤはゴムで出来ているため、地面との摩擦で磨耗して劣化していきます。
これは避けることができない自然の摂理。

しかし、なぜか磨耗が早くなる場合があります。

自転車タイヤの摩擦が早くなる理由

摩擦が早くなる理由、これは簡単なこと。

空気が足りない状態で走るからです。

空気圧が適正よりも低い状態のほうが摩擦が大きくなり、ひび割れなどもしやすくなります。
注意しないといけないのは、電動アシスト自転車と子供載せ自転車。

電動アシスト自転車は自転車自体が重く、普通のママチャリよりも10キロ以上重いのが普通。
子供載せ自転車の場合、乗せた子供の体重分自転車が重くなりますから、空気が足りない状態では沈むような形になり磨耗が早く進みます。

2週間に一度は空気を入れて

タイヤ交換にはそこそこ費用が掛かりますが、2週間に一度空気をしっかり入れておけば、パンクを防ぎタイヤの磨耗も減らす効果があります。
2週間に一度空気を入れるだけで、数千円から万単位の価値があるとも言えますし、サボらず空気を入れてから乗りましょう。


関連記事

  1. 冬場に活躍!自転車乗りの防寒マスク4選。寒さをしのいで快適な自転車ライフを。

  2. 10月は12.5万PVでした。

  3. フル電動自転車に要注意。

  4. 雨だと出張対応しない自転車屋さんもある

  5. 9月は115000PVでした。

  6. ママチャリの前カゴは狙われる。盗難対策を。

  7. 自転車保険とロードサービス。ロードサービスは必要?

  8. 自転車修理を依頼したときは、不具合をきちんと伝えることが大切。

  9. 自転車が歩道を通行するときの「徐行」とはどれくらい?

  10. シマノ、パーツグレードアップ交換時の互換性の話。一定の法則があるよ。

  11. 何でもかんでもパンク修理する店と、とにかくチューブ交換を促す店。

  12. 無意味なパンク防止剤の実験。