夜間の自転車は反射板や反射素材の活用を。

冬場は日が落ちるのも早くなりますが、自転車は車両の中でも小さい存在のため、意外と目立たないものです。
反射板や反射素材をうまく活用することが、事故の防止にもつながります。

反射板orリアライト

法令上は、自転車が夜間やトンネル内を走行する際にはリアライトもしくは反射板のどちらかがついていれば問題ありません。
目立つのはやはり発光するリアライト。
スポーツ自転車に乗る人はリアライトを使う方が多く見られますが、ママチャリでも後付けでリアライトを設置することは可能。

なるべくまずはリアライトを検討すべきでしょう。
被視認性は反射板よりもリアライトです。


反射素材の活用

リアライトのほかにさらに反射素材を活用することも被視認性高め事故防止に役立ちます。
オススメなのは、反射テープ。


このようなシール、テープ形状の反射素材は、どこにでも貼り付けて活用できるメリットがあります。
泥除けや車輪のスポーク、ペダルなど様々な場所に貼って使えるので便利。
スポーク専用のリフレクターもたくさん売っています。


自転車はどうしても見逃されやすく、後方から衝突されるリスクがある乗り物。
リアライトや反射板、反射素材をうまく活用して自転車の存在をアピールすることが事故防止になります。

関連記事

  1. スポーツ自転車はサドルが高い位置にある。初心者さんの中には、怖いと思う人も。

  2. 自転車ライトの「ハイパーフラッシュモード」は夜間は使わないで。

  3. OGKカブトにカジュアルヘルメット「DAYS」が登場。

  4. コーダーブルーム、RAIL ACTIVEは5万円台ながらもクロスバイクの本命ともいえるスペックで。

  5. 自転車のチューブは必ず適合するサイズを。

  6. FUJI FEATHERはシングルスピードの街乗り向き自転車。

  7. 10万円と100万円のロードバイク、いったい何が違うの?

  8. ママチャリのパンク対策に!シーラントを入れるという方法も。

  9. これからの時期のサイクリングに。汗止めバンドはお持ちですか?

  10. 自転車ベルは、歩行者に向けてはならない。

  11. 抱っこ紐を使って自転車に乗るのは合法?違法?どっちなの?

  12. 冬場に活躍!自転車乗りの防寒マスク4選。寒さをしのいで快適な自転車ライフを。