夜間の自転車は反射板や反射素材の活用を。

冬場は日が落ちるのも早くなりますが、自転車は車両の中でも小さい存在のため、意外と目立たないものです。
反射板や反射素材をうまく活用することが、事故の防止にもつながります。

反射板orリアライト

法令上は、自転車が夜間やトンネル内を走行する際にはリアライトもしくは反射板のどちらかがついていれば問題ありません。
目立つのはやはり発光するリアライト。
スポーツ自転車に乗る人はリアライトを使う方が多く見られますが、ママチャリでも後付けでリアライトを設置することは可能。

なるべくまずはリアライトを検討すべきでしょう。
被視認性は反射板よりもリアライトです。


反射素材の活用

リアライトのほかにさらに反射素材を活用することも被視認性高め事故防止に役立ちます。
オススメなのは、反射テープ。


このようなシール、テープ形状の反射素材は、どこにでも貼り付けて活用できるメリットがあります。
泥除けや車輪のスポーク、ペダルなど様々な場所に貼って使えるので便利。
スポーク専用のリフレクターもたくさん売っています。


自転車はどうしても見逃されやすく、後方から衝突されるリスクがある乗り物。
リアライトや反射板、反射素材をうまく活用して自転車の存在をアピールすることが事故防止になります。

関連記事

  1. リアディレイラーのハンガーが折れた・曲がった場合の対処法。

  2. 自転車屋がする、押し売りという悪。

  3. FUJI MADCAPは2022年モデルでも注目のフラットバーロード。

  4. 足踏み式空気入れでラクラク入れる。

  5. スポーツ自転車専門店は、ママチャリの修理が出来ない。

  6. 10月はおよそ7200名の方にお越し頂きました。

  7. ママチャリのチェーン、注油の頻度はどれくらい?

  8. ロードバイクを買ったらスプロケットを変えてみるのがいい。

  9. 雨の日は、出張受付をしていない修理店もあるので要注意!

  10. 中古の古タイヤを使ってくる自転車屋に注意。

  11. ロードバイクやクロスバイクのモデルチェンジは夏!早めに予約を。

  12. 自転車の違反講習制度をご存知でしょうか?