パンクしたまま自転車に乗ると、費用が高くなるリスクあり。

自転車に乗っているときにパンクして、パンクしたまま乗ってしまう人が時々います。
これをすると、パンク修理費用が高くなることがあります。

パンクしたまま自転車に乗ると

パンクしたまま自転車に乗ると、タイヤの中にあるチューブが変に引っ張られてぐちゃぐちゃになってしまい、チューブが伸びたような状態になることがあります。
その場合、チューブを修理してもタイヤ内にうまく収まらなくなってしまうため、パンク修理ではなくチューブ交換になることがあります。

同じくパンクしたまま自転車に乗ると、バルブ付近が引っ張られて剥がれてしまいパンク修理ができなくなることがあります。
この場合もチューブ交換になることがあります。

パンク修理よりチューブ交換のほうが少し費用が掛かるため、パンクしたら無理に乗らないことがベター。
パンクした状態では自転車をうまくコントロールできずに事故の原因にもなりかねないので、費用と安全を考えれば乗らないでください。

スポークにも負荷が

自転車の車輪は金属のスポークで張っていますが、タイヤに空気が入っているからこそエアクッションが効くわけなので、クッションがないと直に金属に負荷が掛かります。
その結果、スポークが折れやすくなるなどトラブルの原因にもなるため、パンクしたら乗らないでください。

故障した状態で無理に乗れば、他の部分にもダメージが掛かります。
そういう意味では、押して自転車店に持っていくよりも出張で来てくれる自転車修理店の需要は大きいと言えます。


関連記事

  1. 自転車ライトはやや下向き!ハイビーム攻撃はやめよう。

  2. ロードバイクはホイールが命!ホイールをグレードアップすればまるで違う乗り心地に。

  3. チェーンを洗うことで、耐久性と駆動抵抗を減らす。

  4. ちょっとの油断が大敵!ちょっと目を離すときも鍵を掛けよう!

  5. 自転車屋がする、押し売りという悪。

  6. 1月は17.1万PVでした。

  7. MERIDA、10万円台で購入できるロードバイク4選。

  8. パンクを見逃す自転車店。手抜きには注意を。

  9. 近年大注目のNESTOのクロスバイク特集。手頃な価格で通勤通学にも便利。

  10. ビアンキのクロスバイク、C-SPORT1と2の違い(2022年モデル)

  11. 自転車の鍵穴に注油されてしまったときの対処法。

  12. 自転車店もいろいろ…やってはダメなミス。