あってはならない自転車修理店。

出張の自転車修理店は自宅まで来てもらえるので、便利ですよね。
パンクした自転車を自転車店まで持っていくのはなかなか大変ですから、今後も出張自転車修理店の需要は高いと言えます。

ところで先日「あり得ない出張自転車修理店」の話をメールにて戴きまして、本当に情けないというか…

廃材を排水溝に捨てる自転車修理店

チューブ交換した際に出たものはゴミですが、あろうことかそれを道端の排水溝に捨てる出張自転車修理店があるそうな。

自転車修理店ではなくても、普通にアウトです…
いったいどのようなモラルなのか疑いますが、修理の上手い下手以前の問題。

もちろんほとんどの自転車修理店はきちんと捨てている

もちろん、ほとんど全てに近い出張自転車修理店はきちんとゴミを持ち帰っていますが、法律の前に人として当たり前のことができない自転車店もあるようです。

そんなことをする自転車修理店があることに驚きますが、人として当たり前のことができないとは恥ずかしい限りですね。


関連記事

  1. 9月は115000PVでした。

  2. ママチャリこそ空気をしっかり。

  3. ママチャリのパンク対策に!シーラントを入れるという方法も。

  4. ロードバイクやクロスバイクがパンクした時に、3分もあれば復旧できるCo2インフレーター。

  5. 出張自転車修理店の登録について

  6. 防犯登録をしないリスク。

  7. ママチャリにチューブレスタイヤがない理由。

  8. 空気入れをラクにしたいならコレ!HIRAMEのポンプヘッド。

  9. 11sチェーンで最も耐久性がいいのは、WIPPERMANN CONNEX 11SX。

  10. 自転車と言えど、事故があったら救護義務と通報義務がある。

  11. 自転車通勤の目を守るヘルメット、OGKのVITT。

  12. 2022年3月は18.3万PV。