Fuji MADCAPとRAIZの違い。

人気のFujiにはMADCAPとRAIZというフラットバーの自転車があります。
見た目は似ているようで、方向性が全く違う自転車です。

Fuji MADCAPとRAIZの違い



まずはスペック的なところから確認します。

MADCAP RAIZ
フレーム アルミA2-SL アルミA2-SL
フォーク カーボン クロモリ
メインコンポ クラリス(2×8速) ターニー/アルタス(2×8速)
フロント歯数 50/34T 46/30T
リア歯数 11-28T 11-32T
ブレーキ キャリパー Vブレーキ
タイヤ 25C 32C
重量 8.9kg 10.8kg
値段(税込) 108,900 72,600

簡単にまとめると、スペック上の違いは以下の点。
・MADCAPはカーボンフォークを採用し軽量化
・ギアはどちらも2×8速だが、MADCAPのほうがギア比が高め(重いギアがある)
・MADCAPのほうがタイヤが細い

大雑把に見るとこのような違い。
このようにスペック上で差をつけている理由は、フレームにあります。

どちらもアルミフレームを採用していますが、フレームの設計(ジオメトリ)が大きく違います。
MADCAPはホイールベースを短くし、低速安定性や直進安定性よりも加速性や旋回性を重視。
リアセンター長も410mmとなっていてロードバイクのフレームと同じです。

一方のRAIZについては、ホイールベースを長くし、リアセンター長も440mmとしています。
低速安定性や直進安定性重視のフレーム設計。

このようなフレーム形状の特性を活かすため、MADCAPは細身のタイヤやちょっと重めのギア比を採用。
加速性を重視したフレームに合わせて、加速性重視のパーツ構成にしています。

RAIZについては真逆の方向性、低速安定性や直進安定性重視のフレームを活かすため、太めのタイヤでより安定感を出し、ギア比もちょっと軽めにしています。

似ているようで全く違う

初心者さんにはフレーム設計の違いまでしっかり見抜くことは難しいところですが、この二台は真逆の方向性。
加速性や軽快な走りを重視したいならMADCAP、スピードよりも安定感を重視したいならRAIZを選ぶことになります。

MADCAPについては、ロードバイクをドロップハンドルからフラットバーに変えた「フラットバーロード」であって、RAIZはクロスバイクと考えればよい。
走る場面に応じて、適したほうを買いましょう。



関連記事

  1. 電動アシスト自転車は、専用タイヤを推奨。普通のタイヤだとダメになるのも早いよ。

  2. シマノのグラベルコンポ、GRXの重量まとめ。

  3. 後続車の接近を知らせる!ガーミンのリアレーダー。

  4. 錆びる前にきちんと注油を。

  5. 自転車通勤をする上で知っておきたい、正しい交通ルール。自転車レーンを正しく理解しましょう。

  6. 冬に手が冷たくないですか?ハンドルカバーで快適に自転車に乗ろう。

  7. 通勤を快適かつスポーティーに。あさひのOFFICEPRESS-e。新しい形の電動アシスト。

  8. 自転車は車道を走るのがルール。だけど間違えている人も。

  9. 1月は17.1万PVでした。

  10. フル電動自転車に要注意。

  11. ロードバイクの高輝度ライトは、ハイビームにならないように下に向ける。

  12. 2022年モデル、コーダーブルームのFARNA CLARIS。約10万でエントリーグレードの一台。