Fuji MADCAPとRAIZの違い。

人気のFujiにはMADCAPとRAIZというフラットバーの自転車があります。
見た目は似ているようで、方向性が全く違う自転車です。

Fuji MADCAPとRAIZの違い



まずはスペック的なところから確認します。

MADCAP RAIZ
フレーム アルミA2-SL アルミA2-SL
フォーク カーボン クロモリ
メインコンポ クラリス(2×8速) ターニー/アルタス(2×8速)
フロント歯数 50/34T 46/30T
リア歯数 11-28T 11-32T
ブレーキ キャリパー Vブレーキ
タイヤ 25C 32C
重量 8.9kg 10.8kg
値段(税込) 108,900 72,600

簡単にまとめると、スペック上の違いは以下の点。
・MADCAPはカーボンフォークを採用し軽量化
・ギアはどちらも2×8速だが、MADCAPのほうがギア比が高め(重いギアがある)
・MADCAPのほうがタイヤが細い

大雑把に見るとこのような違い。
このようにスペック上で差をつけている理由は、フレームにあります。

どちらもアルミフレームを採用していますが、フレームの設計(ジオメトリ)が大きく違います。
MADCAPはホイールベースを短くし、低速安定性や直進安定性よりも加速性や旋回性を重視。
リアセンター長も410mmとなっていてロードバイクのフレームと同じです。

一方のRAIZについては、ホイールベースを長くし、リアセンター長も440mmとしています。
低速安定性や直進安定性重視のフレーム設計。

このようなフレーム形状の特性を活かすため、MADCAPは細身のタイヤやちょっと重めのギア比を採用。
加速性を重視したフレームに合わせて、加速性重視のパーツ構成にしています。

RAIZについては真逆の方向性、低速安定性や直進安定性重視のフレームを活かすため、太めのタイヤでより安定感を出し、ギア比もちょっと軽めにしています。

似ているようで全く違う

初心者さんにはフレーム設計の違いまでしっかり見抜くことは難しいところですが、この二台は真逆の方向性。
加速性や軽快な走りを重視したいならMADCAP、スピードよりも安定感を重視したいならRAIZを選ぶことになります。

MADCAPについては、ロードバイクをドロップハンドルからフラットバーに変えた「フラットバーロード」であって、RAIZはクロスバイクと考えればよい。
走る場面に応じて、適したほうを買いましょう。



関連記事

  1. 1月は17000人の方のアクセスがありました。

  2. クロスバイクは3ヶ月も乗ったら、チェーンを洗浄して注油すると生まれ変わる。

  3. あってはならない自転車修理店。

  4. 5月は67000件のPVがありました。

  5. 自転車と言えど、事故があったら救護義務と通報義務がある。

  6. 夜間の自転車は反射板や反射素材の活用を。

  7. ママチャリのスポークが折れる主原因。

  8. ペットボトルでも安定するボトルケージ。

  9. 自転車店に壊された場合と対処法。

  10. 安いママチャリと高いママチャリの差。

  11. ハブにオイルを使ってはいけない。

  12. 2022年9月は24.5万PV。