HIRAME ポンプヘッド。仏式ポンプがスッポ抜けるようになったらコレ、斬新な

ロードバイクやクロスバイクで使われる仏式バルブは、仏式バルブ対応の空気入れが必須。
しかし長期間空気入れを使っていると、パッキンが劣化して空気を入れる圧力でバルブからスッポ抜けるようになってしまいます。

そんなときにはヒラメのポンプヘッドが最高です。

ヒラメ ポンプヘッド


ヒラメのポンプヘッドは、空気入れの先端だけ。
すでにお持ちの空気入れの先端(ヘッド)を付け替えるだけですが、お値段は5000円程度で販売されています。

普通のポンプヘッドの場合はバルブに差し込んでレバーを倒して固定し、空気を入れ終わったらグイっと引っ張って外します。
ヒラメのポンプヘッドは、外すときに全く力を使わずにスッと外れます。

とにかく不思議なポンプヘッドなのです。

固定力はダイヤル回して調整出来ますし、固定自体はしっかりしていてエア漏れもなく、とにかくグングン空気が入る。
しっかり空気を入れることができるだけでなく、とにかくラクチン。

ヒラメのポンプヘッドは、プロショップでも愛用しているところが多いのですが、プロショップのように頻繁に空気入れを使うところでは作業がラクだから愛用者が多いのです。

スッポ抜けが起きるようになったら

ロードバイクやクロスバイクのパーツは、普通の自転車感覚でいると高いパーツが多い。
ポンプヘッドだけで5000円程度するので、一般的にも高級品扱いでしょう。

お持ちの空気入れに不満がないなら、無理に購入する必要はありません。
空気を入れるときにポンプヘッドが圧力で外れるようになってしまったときには、ヒラメのポンプヘッドを購入するタイミングです。


関連記事

  1. パンク修理した翌日にまたパンクしている・・・これは自転車屋のミス?

  2. ロードバイクやクロスバイク、ギアの数が多いとどんなメリットがある?

  3. チューブの耐用年数は何年?

  4. 防犯登録をしないリスク。

  5. FELT VERZA SPEED40。2022年も継続モデルです。

  6. ロードバイクやクロスバイクを、店舗で買うか、通販で買うかの大きな違い。

  7. 【2022年モデル】NESTO LIMIT3はフロントギアがシングル仕様で登場。

  8. BRYTON RIDER15 neo。ブライトンのサイコルコンピューターがモデルチェンジ。

  9. 自転車修理を依頼したときは、不具合をきちんと伝えることが大切。

  10. DR SLUDGE パンクシーラント。

  11. ロードバイクのブレーキは105以上にした方がいい3つの理由。

  12. 不在中に修理してくれる自転車店にはご注意!