ロードバイク・クロスバイクで追突事故を防ぐ!デイタイムライトを是非!

近年、より安全にロードバイクやクロスバイクに乗るために、昼間でもリアライトを点灯させる人が増えています。
デイタイムライトと呼ばれるものですが、リアライトは赤色なので、昼間でも遠くから自転車の存在が分かりやすい。

事故を防ぐために、デイタイムライトを是非点けましょう。

デイタイムライトのメリット

昼間にリアライトを点けることのメリットは、後続車に自転車の存在を知らせることです。
リアライトは赤と決まっていますが、昼間でもこのように後ろから目立ちます。
車のドライバーに一早く、自転車の存在を認知してもらうことで、車が追越しするときに無理なく追越ししてくれるかもしれない。

車が突っ込んでくる事故も防ぐ効果があるので、ロードバイクに乗る人の中では近年注目されています。

車道を走るロードバイクやクロスバイクにとって、一番怖いのは事故。
少しでも事故を防ぐために、ちょっとの電気代で済む安全対策と言えます。

より発見されやすくなる、点滅モード

ほとんどのリアライトには、常時点灯しているモードと、点滅を繰り返すモードが付いています。
より後続車から発見されやすいのは、点滅モード。
点いたり消えたりする効果で、明るさが変化することで後続車にとっても分かりやすい。

夜間でも、リアライトは点滅モードのほうが事故が減ります。

警察庁は、自転車ライトは点滅でも違反ではないと公式見解を出しています。

人気が高いのは、自転車ライト大手のキャットアイ。

ラピッド X2 キネティックは、被視認性が高い上に、ブレーキングするときの加速度を感知するセンサーが付いているため、ブレーキライトとしても機能します。
取り付け位置も、シートポストやシートステイなど、円柱状のところであればだいたいは設置可能。

懐中電灯でお馴染みのオーライトも評価が高いようです。

Olight RN120 120ルーメン LED自転車 ライト

シートポストやシートステイに装着可能なバンドのほか、サドルレールに装着するマウントも付属しているのがポイント。
ブレーキライトとしても機能します。

昼間にデイタイムライトを実践することで、事故を未然に防ぐ効果がありますので、夜間だけでなく日中もぜひ使いましょう。

関連記事

  1. タイヤを拭く重要性。迷わず拭けよ拭けばわかるさ。

  2. 自転車ライトの「ハイパーフラッシュモード」は夜間は使わないで。

  3. ブレーキキャリパーは105以上を選ぶのが正解。

  4. 高齢者向けの電動アシスト自転車。

  5. 8月は92000PVでした。

  6. パンク修理では、パッチの重ね貼りはNG。

  7. 4月は39000件のアクセスがありました。

  8. 錆びる前にきちんと注油を。

  9. 一か八かの修理をする自転車店。

  10. ポタリングに最適!BIANCHI LECCO。

  11. クロスバイクやロードバイクを買ったら、1か月後には一度「初期伸び」を調整する。

  12. 12月は14.8万PVでした。