ルイガノMULTIWAY700。街乗りに最適なドロップハンドル車。

ルイガノにはMULTIWAY700という、ドロップハンドルの自転車があります。
マルチウェイという名前からもわかるように、様々な用途に活用できる自転車。
グラベルロードとして軽いオフロードの走破性もありますが、街乗りや通勤通学用にも使いやすいスペックになっています。

ルイガノMULTIWAY700


この自転車の基本的な方向性としては、35mm幅のタイヤをセットしたグラベルロード。
ですが前後にフェンダーを標準装備していたり、フロントライトも標準装備されているため、オンロードの街乗りや通勤通学用として使いやすいスペックになっています。

変速はシマノソラ(2×9)、ブレーキは機械式ディスクブレーキを採用。
油圧ディスクブレーキのほうがブレーキタッチが軽くなりますが、メンテナンス性やメンテナンスコストを考えると、ワイヤー引きのディスクブレーキのほうが安く済む。
通勤通学用などで酷使する自転車としては、コスト面を考えると機械式ディスクブレーキのほうが嬉しい。

タイヤは35mm幅になっていますが、確かにちょっとした砂利道なんかも走れるタイヤ幅。
しかし本格的なグラベルロードというほどではないので、むしろオンロードのほうが使いやすいのではないでしょうか。

アルミフレームにアルミフォークになっているため、重量面は決して軽量とは言えない12.5kg。
カーボンフォークならもっと軽くはなりますが、コストを考えるとアルミフォークになってしまいますね。

フェンダー付きが嬉しい

スポーツ自転車の場合、フェンダーが標準装備されていることはほとんどありません。
むしろ稀な存在。

通勤通学用などで雨の日にも乗るなら、フェンダーがついていたほうが楽チンです。

さらにフロントライトも標準装備されているため、買ってすぐに使えるスペックになっています。
本格的なグラベルロードとしてだとやや物足りない感はあるかもしれませんが、名前の通り使用目的は「多種多様」。
使用目的に合わせてカスタマイズするのも面白いかもしれません。


関連記事

  1. 安易に軽量化達成!軽量アルミステムでお財布にも優しい。

  2. 冬の自転車は手が大事!防寒対策を。

  3. Cervelo Caledonia。エンデュランスバイクながらもグラベル並みのタイヤクリアランスを確保。

  4. BRYTON RIDER15 neo。ブライトンのサイコルコンピューターがモデルチェンジ。

  5. 納得してもらうのも技術。

  6. クロスバイクやロードバイクを買ったら、1か月後には一度「初期伸び」を調整する。

  7. パンク修理翌日にパンクしたのは自転車屋のせい?

  8. NESTO LIMIT2。5万円台クロスバイクで9.9キロと軽量性を誇る一台。

  9. 自転車のスポークが折れたまま乗っても大丈夫?いえいえ、大変なことになりますよ。

  10. 何でもかんでもパンク修理する店と、とにかくチューブ交換を促す店。

  11. スポークが折れたら、早めに修理を。

  12. 近年大注目のNESTOのクロスバイク特集。手頃な価格で通勤通学にも便利。