足踏み式空気入れでラクラク入れる。

自転車用の空気入れというと、手押しポンプが一般的。
中には足踏み式の空気入れもあります。

パナレーサー フットポンプ


足で踏んで空気を入れていくので、体勢的にもラクチンです。
手押しのポンプよりも楽だと感じる人も多いですが、無名ブランドの脚踏みポンプだとやたらと硬い(押すのが重い)場合もあるので、信頼のパナレーサー製がいいでしょう。

パナレーサーはパナソニックの自転車部門です。

ただし一点注意ですが、仏式バルブにも対応しているとはいえ、MAX500kPaと高圧を入れることは出来ません。
そのためクロスバイクやロードバイクには不向きです。

空気入れもラクをする時代

自転車パンクの約7割の原因は、空気が足りていないことで起こるリム打ちや擦れパンクと言われます。
空気さえ入れておけば多くのパンクを防げるので、ママチャリでも理想は2週間に一度くらい空気を入れておくことが大切。

ですが皆さん、ついついさぼってしまうんですよね。

さぼる⇒空気が足りない⇒パンクするという悪循環なので、空気入れもラクをする時代。
楽な作業が2週間に一度空気を入れようと思わせるので、こういうものでもアリ。


関連記事

  1. クロスバイク、おすすめリアライト5選。被視認性を高めるリアライトの選び方。

  2. 雨だと出張対応しない自転車屋さんもある

  3. 通勤にオススメ!YAMAHAの電動スポーツサイクル!

  4. ロードバイクやクロスバイクを、店舗で買うか、通販で買うかの大きな違い。

  5. ママチャリのギシギシチェーン、注油してますか?

  6. 自転車通勤に最も適した距離は?9割弱が10キロ未満という結果に。

  7. 自転車盗難の6,7割は無施錠が原因!鍵をしっかり掛けましょう。

  8. これからの時期のサイクリングに。汗止めバンドはお持ちですか?

  9. ママチャリの空気が足りないことで起こる3つの弊害。

  10. 【2021】クロモリのクロスバイク、おすすめ6選。細身のフレームで人気のクロスバイクを。

  11. 久々に店舗別ページを作成しました。

  12. 自転車通勤を始める人の落とし穴。労災問題や横領問題へなるリスク。