足踏み式空気入れでラクラク入れる。

自転車用の空気入れというと、手押しポンプが一般的。
中には足踏み式の空気入れもあります。

パナレーサー フットポンプ


足で踏んで空気を入れていくので、体勢的にもラクチンです。
手押しのポンプよりも楽だと感じる人も多いですが、無名ブランドの脚踏みポンプだとやたらと硬い(押すのが重い)場合もあるので、信頼のパナレーサー製がいいでしょう。

パナレーサーはパナソニックの自転車部門です。

ただし一点注意ですが、仏式バルブにも対応しているとはいえ、MAX500kPaと高圧を入れることは出来ません。
そのためクロスバイクやロードバイクには不向きです。

空気入れもラクをする時代

自転車パンクの約7割の原因は、空気が足りていないことで起こるリム打ちや擦れパンクと言われます。
空気さえ入れておけば多くのパンクを防げるので、ママチャリでも理想は2週間に一度くらい空気を入れておくことが大切。

ですが皆さん、ついついさぼってしまうんですよね。

さぼる⇒空気が足りない⇒パンクするという悪循環なので、空気入れもラクをする時代。
楽な作業が2週間に一度空気を入れようと思わせるので、こういうものでもアリ。


関連記事

  1. ママチャリのタイヤ、寿命のサインは「ひび割れ」。

  2. コロナ禍で自転車通勤を始める人の、自転車選び5つのポイント。

  3. ラテックスチューブのススメ。

  4. シマノ11速チェーンについて、スペックを確認するよ。何が違うの?

  5. 素人修理は破壊行為になる。

  6. シティサイクル(ママチャリ)のパンクを予防する、たった二つの方法。

  7. 自転車盗難対策に!三ヶ島のEzyペダルはいかがですか?

  8. 自転車に「ベル」を装備していないと違反!

  9. カーボンの自転車は壊れやすいのか?

  10. ロードバイクはホイールが命!ホイールをグレードアップすればまるで違う乗り心地に。

  11. 自転車のスリックタイヤ、大丈夫?溝が無いと滑りやすい?

  12. ロードバイクのブレーキをグレードアップして、安全性を高める。