各社、自転車が大幅な値上げに!

ママチャリで日本のメーカーと言えば、ブリヂストン、パナソニック、ヤマハなどが有名ですが、昨今の様々な影響により定価が大幅に上がりました。

二万円近く値上げされたケースもあり、なかなかツラいところです。

自転車が大幅な値上げになった理由


自転車が大幅な値上げになった原因は主に三点。

①円安
②原材料費の高騰
③世界的な自転車需要

コロナで世界的に自転車需要が高まり、さらには原材料費が高騰。
円安も手伝って大幅な値上げになってしまいました。

しばらくはこの流れは収まることはないでしょう。
パーツ関係についても、入手しにくいものが増えています。

今は買い時ではない?


とはいっても、ママチャリは生活の足。
代替手段は限られてきますし、車やオートバイのほうがよほど費用はかさみます。

こういうご時世ですから、今まで以上に中古自転車の需要も高まっています。
中古自転車専門店にはちょっと注意が必要で、ろくに整備しないまま販売する業者が多いのです。

特によく聞くトラブルとしては、電動アシスト自転車のバッテリー。
まだまだ使えると説明されたのに、実際にはバッテリーの持ちが悪いことがよくあります。

バッテリーは消耗品なので仕方ありませんが、こういうご時世なことを利用して相場よりも高値で販売する中古自転車専門店もあります。
十分注意しましょう。


関連記事

  1. キャットアイから新作リアライトViz300が登場。デイライトでも明るく見やすく。

  2. 自転車には注油してはいけない場所がある。

  3. 空気入れをラクにしたいならコレ!HIRAMEのポンプヘッド。

  4. お陰様で月間5000人を超える方にお越しいただきました

  5. ママチャリ通勤者が、安全性を高めるコツ。

  6. 出張非対応もOK。店舗別ページを強化キャンペーン中です。

  7. 抱っこ紐を使って自転車に乗るのは合法?違法?どっちなの?

  8. 通勤通学に向くチューブ、向かないチューブ(ロードバイク・クロスバイク編)

  9. 【2021】クロモリのクロスバイク、おすすめ6選。細身のフレームで人気のクロスバイクを。

  10. パンク防止剤の問題点。

  11. 街の自転車屋が減っていった理由。

  12. サイクルベースあさひのサイクルメイトが大幅に変更。保険が充実した新しい形。