NESTO LIMIT2。5万円台クロスバイクで9.9キロと軽量性を誇る一台。

コーダーブルームでお馴染みのホダカのネクストブランド、NESTO。
2021年モデルのクロスバイク、LIMIT2は5万円台クロスバイクとして、値段とコストパフォーマンスを追及したベストチョイスになりそうな一台です。

2021 NESTO LIMIT2


近年、クロスバイクでもディスクブレーキ化の波が押し寄せていますが、軽量性と値段でいうと、まだリムブレーキのほうが有利。
NESTOのLIMIT2は、ジャイアントのエスケープR3などと並び、5万円台クロスバイクの中でもコストパフォーマンスを追求しながらも軽量に仕上がっている一台です。

まず驚くのは、その重量。
9.9キロと軽量に仕上がっているのがポイントで、似たような価格帯で定番のクロスバイク、ジャイアントのエスケープR3は10.7キロですので、1キロ弱も軽い。
これが最大のウリと見ていいでしょう。

フレーム アルミ6061
フォーク アルミ
コンポーネント 3×8速
ブレーキ テクトロVブレーキ
重量 9.9キロ
値段(税込) 55,000

アルミの6061というのはアルミ合金の品番。
アルミ合金の場合、他にどの金属と混ぜているかによって4桁の数字で表すのがしきたりで、6061アルミは自転車界では最もポピュラーな素材。
これにシマノの3×8変速のコンポーネントを装備し、重量は9.9キロに収めているのが凄いポイント。

付属品もライト、ベル、リフレクター、スタンド、バルブアダプター、ペダルと充実。
ライトも付いて来るので別に買う必要が無いのが嬉しいところですが、通勤や通学などで夜間にも乗るようなら、お金を出していいライトを購入したほうがより安全性を高めることが出来ます。

LIMIT2で他に嬉しいポイントというと、カラーバリエーションの豊富さ。
6色展開なので、好みのカラーリングを選べるメリットもあり、さらに軽量な上に5万円台。

2021年のクロスバイクの中では、最有力候補と言っても過言ではないほどの充実ぶりです。

2021 NESTO LIMIT2 DISC


このLIMIT2にはディスクブレーキバージョンもあるのですが、こちらは重量が公開されていません。
スペック的にはLIMIT2とほぼ同じで、ブレーキがディスクブレーキなのかリムブレーキなのかの違い。

ディスクブレーキは重量が重くなるデメリットがあるものの、雨天時でもブレーキング力が落ちにくいメリットがあります。
LIMT2についているVブレーキも、ブレーキング力は高いので、雨の日でも乗るならディスクブレーキ、そうでないならリムブレーキを選ぶのがいい。

2021年モデルの最有力候補

コロナ禍で自転車通勤を始める人も増えているようですが、距離が長い場合や軽快に走りたい場合なら、クロスバイクがおすすめ。
NESTOのLIMIT2は、重量、値段、パーツスペックのバランスがよく、2021年モデルのクロスバイクの中でも最有力候補の一つと見て間違いない一台。

NESTOはまだメジャーブランドとは言えない存在ですが、コストパフォーマンスの良さで近年注目されつつあります。
快適なクロスバイクライフのために、是非この一台を。

関連記事

  1. 自転車事故は、軽微でも警察へ通報を。

  2. スポーツサイクルに乗るときには、アイウェアを着けることがマスト。

  3. シマノ、パーツグレードアップ交換時の互換性の話。一定の法則があるよ。

  4. チェーン店と個人店、どっちが修理スキルが高いのだろうか?

  5. 自転車事故の3分の2は、何らかの法令違反。自転車事故の約半分は出会い頭の事故。

  6. ママチャリの空気が1日で抜ける!その理由は?

  7. FUJI MADCAPは2022年モデルでも注目のフラットバーロード。

  8. 通勤を快適かつスポーティーに。あさひのOFFICEPRESS-e。新しい形の電動アシスト。

  9. 中古の電動アシスト自転車は、バッテリーに注意。

  10. リアディレイラーのハンガーが折れた・曲がった場合の対処法。

  11. カジュアルなヘルメット5選。自転車といえど、事故に遭うと命に関わる。

  12. 雨だと出張対応しない自転車屋さんもある

アーカイブ