自転車の異音は放置しないで。

道端を通行する自転車を見ていると、ギシギシガタガタ異音が鳴っているのにそのまま走るものを見かけます。

重大な事故になる一歩手前かもしれません。

自転車の異音は

ギシギシガタガタ異音が鳴っている状態は、何かが緩んで擦れる音だったり、何かが壊れかけていて擦れる音だったりします。
例えば、サドル付近で異音がしたままの自転車が、

サドルレールが一部破損していたために異音になっていて、放置したことにより走行中にサドルが取れてしまった事例もあります。

自転車を漕ぐ度にガタガタ異音が鳴っているのを放置したケースでは、異音の原因はスポークが一本折れていたことでした。

スポークが一本折れたくらいならスポークを交換すればすぐに元通りになりますが、そのまま放置したことによって何本も折れてしまい、修理費が高くなってしまったケースもあります。

異音が発生してすぐなら修理費も安かったはずなのに、放置したことによって修理費が高くなることもありますし、何より重大事故に繋がる可能性があるので要注意なのです。

信頼できる自転車店に

残念ながらインターネット上の口コミ評価が高いのに、実態はあまり良くない自転車店もあるのが実情ですが、異音を放置しておいても自然と直ることはありません。
きちんと信頼できる自転車店にみてもらい、異音の原因を確認することが大事です。

ブレーキのキーキー音にしても、ブレーキシューがすり減りすぎて金属剥き出しになっているケースもありますが、すぐにブレーキシューを変えればブレーキシュー代のみで収まるものが、放置したせいでホイールもダメにしてしまったケースもありますから、異音は放置せずにすぐに自転車店にみてもらいましょう。


関連記事

  1. 自転車レーンは駐停車が禁止?正しく理解しよう。

  2. 電動自転車(モペット)は乗ると違法。

  3. 安すぎる自転車の組み立て工賃、それは手抜きです。

  4. FELT VERZA SPEED40。2022年も継続モデルです。

  5. ロードバイクやクロスバイクを、店舗で買うか、通販で買うかの大きな違い。

  6. 2022年6月は22.8万PV。

  7. 自転車の押し歩きも楽チンに。パナソニックのビビ・L・押し歩き。

  8. ママチャリのタイヤ、寿命のサインは「ひび割れ」。

  9. 出張自転車修理店の登録について

  10. 2022年2月は16.5万PVでした。

  11. OGKカブトにカジュアルヘルメット「DAYS」が登場。

  12. 自転車通勤に最も適した距離は?9割弱が10キロ未満という結果に。