真夏のサイクリングには保冷ボトルが命!?ステンレスボトルの勧め。

真夏のサイクリングで最も注意しないといけないのは熱中症対策。
自転車用ボトルはプラなので、ほとんどのものは保冷機能がありません。

真夏に普通のプラボトルだと、わずかな時間でお湯同然になってしまいます。

サーモス FJP-600

自転車用保冷ボトルの中でメジャーなのはサーモスの保冷ボトル。


ステンレスボトルなので保冷機能はバッチリです。
容量は600mlなので、氷を詰めておけば長い時間冷たいドリンクでクールダウンできます。

ワンタッチで蓋が開き、空気穴があるので飲みやすい構造。
自転車用として開発されているので、ボトルケージにしっかり収まります。

真夏のクールダウンに

真夏のサイクリングは危険なので、昼間よりも早朝などにしたほうがいいのですが、普通のプラボトルではクールダウンにはなりません。

サイクリング用保冷ボトルで、熱中症対策しながら夏を乗りきりましょう。

関連記事

  1. BIANCHI ROMA2&ROMA3。2022年モデルで変更された点はどこ?

  2. GIANT CONTEND0(ゼロ)。2022年モデルには105モデルがあります。

  3. 電動キックボードの通行方法。

  4. 初心者におすすめのビンディングペダル7選。ロードバイクやクロスバイクで使い勝手がいいペダルを。

  5. 近年大注目のNESTOのクロスバイク特集。手頃な価格で通勤通学にも便利。

  6. いい自転車店とダメな自転車店の見分け方。

  7. シマノ、パーツグレードアップ交換時の互換性の話。一定の法則があるよ。

  8. 自転車通勤に最も適した距離は?9割弱が10キロ未満という結果に。

  9. ブリジストンTB1e ブルホーンカスタムVer。ブルホーンバーでより乗りやすく。

  10. EVERSのパンク防止剤、それなりに効果がある。

  11. ママチャリの空気が足りないことで起こる3つの弊害。

  12. 3輪自転車は本当に要注意。