クロスバイクは3ヶ月も乗ったら、チェーンを洗浄して注油すると生まれ変わる。

通勤通学目的で購入したクロスバイク。
購入して3ヶ月も経てば、チェーンは汚れています。

チェーンオイルは乾き気味、埃や砂など汚れが噛んで駆動が悪くなる。
そんなときにはチェーンを洗浄して注油してあげるだけで、ペダリングが一気に軽くなります。

クロスバイクでもチェーンを洗浄

通勤通学目的や、街乗り目的でクロスバイクを買った人の多くは、自転車を自分でメンテナンスするという感覚があまりない人が多い。
ママチャリでも、買ってから空気を入れる以外にメンテナンスなんてしたことが無いという人のほうが一般的ですが、クロスバイクはチェーンがむき出しになっているので洗浄も注油もしやすい。

本格的に洗浄と注油をしたいのであれば、セット品で購入するのが安上がり。
チェーン洗浄機が付いてくるので、これにディグリーザーを入れてチェンを洗浄し、乾かして注油する。
これで驚くほどペダリングが軽くなります。


とはいえ、それなりに面倒です。
しっかり乾かさないとチェーンの内部に洗浄液が残ってしまい、注油しても残っている洗浄液がオイルを分解してしまう。
慣れている人には大した作業量ではなくても、不慣れな人は1時間くらい掛かるかもしれません。

そこで便利グッズ。
フィニッシュラインのワンステップクリーナー&ルブリカントの登場です。


これはチェーンに吹き付けることで汚れを浮き出させると同時に、注油まで完了してしまうというスグレモノ。
チェーンにこれをスプレーして、しばらくしたらボロ切れで拭き取るだけ。

チェーン洗浄の方法としては簡易式ですので、しっかり洗浄と注油をするのに比べると洗浄力は落ちますが、メンテナンスに時間を掛けるのが手間になってしまう人にはこういうものを使うのがいい。

キレイなチェーンは

チェーンは本来、シルバーに輝いています。
気が付いたらチェーンが真っ黒になっていませんか?

オイルは埃や砂を引き寄せてしまうため、乗っているうちにどんどん汚れが溜まって真っ黒になっていきます。
真っ黒なチェーンになると、クロスバイクを漕いでも重く感じてしまい本来の性能とは程遠い状態になってしまいます。

普段使いようとのクロスバイクでも、3ヶ月に一度でもいいのでチェーンを洗浄してあげると乗り味はグンとよくなります。
もちろん、オイル切れはもっと早く起こっているので、チェーンへの注油は1ヶ月に一度でもしてあげたほうがいいです。

自転車はメンテナンスをするかしないかで、寿命もそうだし性能も変わります。、
どんな高い自転車でもメンテナンスしないのであれば意味がありません。


関連記事

  1. 初心者におすすめのビンディングペダル7選。ロードバイクやクロスバイクで使い勝手がいいペダルを。

  2. BRYTON RIDER15 neo。ブライトンのサイコルコンピューターがモデルチェンジ。

  3. 何でもかんでもパンク修理する店と、とにかくチューブ交換を促す店。

  4. パンク防止剤(スライム)は入れないほうがよい

  5. 自転車通勤で疲れにくいバックパックならDeuter(ドイター)がおすすめ。

  6. 足踏み式空気入れでラクラク入れる。

  7. ロードバイク・クロスバイクで追突事故を防ぐ!デイタイムライトを是非!

  8. 冬の自転車は「耳」を守れ!痛さから守るイヤーウォーマー5選。

  9. せっかく始める自転車通勤、速度や距離を知りたくないですか?入門編スピードメーター。

  10. 中古の古タイヤを使ってくる自転車屋に注意。

  11. 自転車屋の空気入れは無料?有料?どっちが適正なのだろう。

  12. 自転車の交通違反について、少額違反金制度が作られる。