ラテックスチューブのススメ。

ロードバイクやクロスバイクの場合、インナーチューブを変えるだけでも走りが変わります。
完成車についているのは安物のブチルチューブ。
ワンランク上の走りのためにラテックスチューブはいかがでしょう?

ラテックスチューブのメリット


ラテックスチューブ最大のメリットは、ブチルチューブよりもしなやかなので振動吸収性が良くなること。
ブチルチューブと同じ空気圧でも乗り心地が変わります。

ロードバイクの疲労の原因となるのは、実は振動。
微振動が減るだけでも疲労を抑えることができます。

次にラテックスチューブのメリットというと、転がり抵抗の低さ。
転がり抵抗の低さにより、普段よりも走りが軽くなるメリットがあります。

重量的にはそこまで軽いわけではなくても、走りが軽くなる魔法のチューブと考えればいい。

ラテックスチューブのデメリット

ラテックスチューブ最大のデメリットは、エア抜けが早いこと。
12時間で1Bar程度抜けるため、朝と夜では乗り味が変わってしまうことも。

何日も走り続けるようなツーリングには向きませんが、ワンデイで完結するロングライドでは問題ありません。

ただし。
ラテックスチューブの中でも軽量ラテックスになっているものは、よりエア抜けが早い傾向にあります。
SOYOのラテックスチューブはエア抜けが早いため、レース目的で使うのにとどめておいたほうがいいかもしれません。


ラテックスチューブはブチルチューブに比べると、2倍から3倍程度値段も高い。
とはいっても、パンクしたときにスローパンクになりやすいなど安全面でもメリットがあるので一度は試して欲しいチューブです。

ラテックスチューブは熱に弱いため、カーボンクリンチャーホイール&リムブレーキでは使えませんのでご注意を。

関連記事

  1. ママチャリこそ空気をしっかり。

  2. 電動キックボードの通行方法。

  3. 2022年7月は20.2万PV。

  4. 中古タイヤに交換してくる自転車店にはご注意を。

  5. ママチャリでもちゃんと空気圧を管理したい!そんな人向けの特殊バルブ。

  6. カジュアルなヘルメット5選。自転車といえど、事故に遭うと命に関わる。

  7. カーボンシートポストがズリ落ちるときにはコレ。

  8. コーダーブルームKESIKI。やっと販売開始に。

  9. 雨に濡れた自転車、錆を予防するには?

  10. 自転車のカギが硬くても、鍵穴への注油はダメ、絶対。

  11. 12月1日より、4輪自転車の歩道通行が可能になります。

  12. 電動自転車(モペット)は乗ると違法。