防犯登録をしないリスク。

自転車は防犯登録をする義務がありますが、罰則がないため入らない方もいます。
ママチャリの場合、販売店のほうで事実上強制的に防犯登録するケースが多いですが、通販で購入した場合には防犯登録していないこともあります。

防犯登録をしないリスク

防犯登録をしないリスクは、盗まれたときに仮に発見されたとしても連絡が来ない点。
盗まれたときに警察に被害届を出そうにも、防犯登録されてない時点で難色を示すことすらあります。

ですが防犯登録していたとしても、被害届を出しても警察が捜査するわけではありません。
被害届を出せば、防犯登録のシステム上で盗難車扱いになるだけ。

放置自転車などでたまたま見つかったときには、防犯登録されていれば電話なり連絡がきます。
防犯登録してない自転車は、そもそも誰のモノなのか判断できません。

期限に注意

防犯登録は一定の年数が経過すると、記録が抹消されます。
期限については、都道府県ごとにバラバラ。

7年程度が多いと思いますが、防犯登録の期限が切れたら無意味です。
その際は再度登録することになります。

防犯登録は500円程度で出来ますし、罰則がないとはいえ義務。
念のため入っておくことをオススメします。


関連記事

  1. 三輪自転車の注意点。傾斜で転倒するリスク。

  2. シマノ新作デュラエース(R9200)&アルテグラ(R8100)が登場。今後はディスクブレーキが主流になるか?

  3. ロードバイクを買ったらスプロケットを変えてみるのがいい。

  4. HIRAME ポンプヘッド。仏式ポンプがスッポ抜けるようになったらコレ、斬新な

  5. 安物でもいいから頭を守ることが大切。ヘルメットを被るのはイヤ?

  6. 自転車事故は、軽微でも警察へ通報を。

  7. コロナ禍で自転車通勤を始める人の、自転車選び5つのポイント。

  8. クロスバイク、オススメタイヤ7選。タイヤを変えれば走りも変わる。

  9. パンク修理してもらったのに、翌日にはパンク!?自転車屋のミスなのか?

  10. 自転車修理を依頼したときは、不具合をきちんと伝えることが大切。

  11. 2022年2月は16.5万PVでした。

  12. 初めての自転車、小さなお子様に初めて自転車を買ってあげるときの3つのポイント