防犯登録をしないリスク。

自転車は防犯登録をする義務がありますが、罰則がないため入らない方もいます。
ママチャリの場合、販売店のほうで事実上強制的に防犯登録するケースが多いですが、通販で購入した場合には防犯登録していないこともあります。

防犯登録をしないリスク

防犯登録をしないリスクは、盗まれたときに仮に発見されたとしても連絡が来ない点。
盗まれたときに警察に被害届を出そうにも、防犯登録されてない時点で難色を示すことすらあります。

ですが防犯登録していたとしても、被害届を出しても警察が捜査するわけではありません。
被害届を出せば、防犯登録のシステム上で盗難車扱いになるだけ。

放置自転車などでたまたま見つかったときには、防犯登録されていれば電話なり連絡がきます。
防犯登録してない自転車は、そもそも誰のモノなのか判断できません。

期限に注意

防犯登録は一定の年数が経過すると、記録が抹消されます。
期限については、都道府県ごとにバラバラ。

7年程度が多いと思いますが、防犯登録の期限が切れたら無意味です。
その際は再度登録することになります。

防犯登録は500円程度で出来ますし、罰則がないとはいえ義務。
念のため入っておくことをオススメします。


関連記事

  1. 2週に一度空気を入れるだけで、ママチャリはほとんどパンクしなくなる。

  2. 新年あけましておめでとうございます。

  3. 中華カーボンハンドルは折れやすい。

  4. 通販で購入した自転車、組み立てを自転車店に頼む場合の工賃はどれくらい?

  5. ロードバイクの高輝度ライトは、ハイビームにならないように下に向ける。

  6. NESTO LIMIT2。5万円台クロスバイクで9.9キロと軽量性を誇る一台。

  7. ロードバイクとグラベルロードの違いを解説するよ。

  8. ブリジストンTB1e ブルホーンカスタムVer。ブルホーンバーでより乗りやすく。

  9. 自転車の鍵穴に注油されてしまったときの対処法。

  10. 錆びる前にきちんと注油を。

  11. 自転車ベルの正しい使い方。歩行者に向けて鳴らすと・・・

  12. 自転車修理で多いトラブル。パンク修理を頼んだのにチューブ交換された?