防犯登録をしないリスク。

自転車は防犯登録をする義務がありますが、罰則がないため入らない方もいます。
ママチャリの場合、販売店のほうで事実上強制的に防犯登録するケースが多いですが、通販で購入した場合には防犯登録していないこともあります。

防犯登録をしないリスク

防犯登録をしないリスクは、盗まれたときに仮に発見されたとしても連絡が来ない点。
盗まれたときに警察に被害届を出そうにも、防犯登録されてない時点で難色を示すことすらあります。

ですが防犯登録していたとしても、被害届を出しても警察が捜査するわけではありません。
被害届を出せば、防犯登録のシステム上で盗難車扱いになるだけ。

放置自転車などでたまたま見つかったときには、防犯登録されていれば電話なり連絡がきます。
防犯登録してない自転車は、そもそも誰のモノなのか判断できません。

期限に注意

防犯登録は一定の年数が経過すると、記録が抹消されます。
期限については、都道府県ごとにバラバラ。

7年程度が多いと思いますが、防犯登録の期限が切れたら無意味です。
その際は再度登録することになります。

防犯登録は500円程度で出来ますし、罰則がないとはいえ義務。
念のため入っておくことをオススメします。


関連記事

  1. 電動アシスト自転車は、大手ブランドのものを選ぶべき。

  2. シマノ11速チェーンについて、スペックを確認するよ。何が違うの?

  3. ブレーキシューの位置に注意!パンクの原因に。

  4. 自転車の鍵穴に注油されてしまったときの対処法。

  5. 自転車の交通違反について、少額違反金制度が作られる。

  6. 子供向けでもビアンキ!PIRATAというジュニア用バイク。

  7. ママチャリのタイヤが劣化する原因。

  8. 冬場に活躍!自転車乗りの防寒マスク4選。寒さをしのいで快適な自転車ライフを。

  9. 通勤通学用のクロスバイク、ディスクブレーキを選ぶべき?

  10. 自転車には注油してはいけない場所がある。

  11. 自転車レーンの種類。

  12. 駐輪場は自転車窃盗の温床である理由。