チェーンを洗うことで、耐久性と駆動抵抗を減らす。

ロードバイクやクロスバイクなどのスポーツ自転車では、チェーンを洗うことはもはや常識。
なぜチェーンを洗う必要があるのでしょうか?

チェーンを洗浄する理由

チェーンにはチェーンオイルが付いていますが、オイルは埃や砂などの汚れを呼び込みやすい性質があります。
オイルが付いているところに砂や埃が付着すれば、洗浄しない限り落ちません。

チェーンは回転しています。
回転した際には、チェーン内部で金属同士が擦れるために、微細な金属カスも出てきます。
このような金属カスも、オイルが付いているので洗浄しない限りは落ちなくなってしまいます。

このような汚れは、チェーンが回転するときに抵抗になっていきます。
抵抗が増えれば、ペダルを踏んだ時に少し重くなる。

また汚れがチェーンを摩耗させるため、チェーンの耐久性を落としてしまうのです。

チェーン洗浄の方法

チェーンの洗浄で注意したいのは、表面を拭いても表面の汚れしか落ちないことです。
汚れはチェーン内部にありますので、奥のほうに溜まった汚れを掻き出すことが大切。

人気が高いのは、ワコーズのチェーンクリーナーやフォーミングマルチクリーナーを使い、ブラシで汚れを掻き出す方法。


このようなチェーン洗浄キットを使うのもポピュラーな方法です。


速乾性のクリーナーであれば、使った後にきちんと拭き取って乾かせば、そのまま注油しても問題ありません。
ディグリーザーなどの溶剤でチェーン洗浄した場合には、ディグリーザー成分を水で流す必要があります。
(このあたりは使うクリーナーによって異なるため、説明書を確認することが大切です)

ママチャリのチェーン洗浄

ママチャリの場合、チェーンケースが付いているため、洗浄キットを使うことが難しいこともあります。
そのため、ママチャリでチェーンを洗浄する人は少数派。

オイルを多めにスプレーして、拭き取ることで洗浄と注油をすることのほうが多いようです。

スポーツ自転車はしっかり洗浄して注油を

ロードバイクではもはや常識となっているチェーン洗浄ですが、定期的に洗浄と注油をすることで、自転車の状態を最上にすることが出来ます。
汚れたチェーンでは、ペダリングも重くなり、せっかくのロードバイクの性能を引き出せません。

速乾性のパーツクリーナーや、ディグリーザーなどを使って洗浄した後は、チェーンオイルをつけます。
オイルの種類によってもペダリングの軽さやオイルの持ちが変わるので、ロードバイクはメンテナンスすることも楽しみの一つになります。


関連記事

  1. ママチャリのパンクを予防するなら、2週間に一度の空気入れ。

  2. ロードバイクやクロスバイクのパンク対策!瞬間パンク修理剤「クイックショット」。ママチャリでも使えますが・・・

  3. 埼玉県の自転車出張修理店に、あさひ草加弁天店を追加しました。

  4. 雨の日は、出張受付をしていない修理店もあるので要注意!

  5. 自転車のカギが硬くても、鍵穴への注油はダメ、絶対。

  6. 2022年9月は24.5万PV。

  7. GIANT CONTEND0(ゼロ)。2022年モデルには105モデルがあります。

  8. ママチャリのパンク防止に救世主!?タイヤライナー。

  9. 通勤通学で時間が無いときのパンク対策に、パンク修理時は有効なのか?

  10. 自転車通勤の目を守るヘルメット、OGKのVITT。

  11. 自転車のチューブも定期的な交換が必要。

  12. ビンディングペダル初心者にオススメ!片面フラットペダル。