チェーンオイルは掛けたら拭くことが大事。

ロードバイクでは当たり前のことですが、チェーンの潤滑と防錆のためにチェーンオイルを定期的につけますよね!?
スプレーオイルは特にですが、チェーンオイルをつけたら余分なオイルは拭き取らなければなりません。

チェーンオイルの性質

チェーンオイルは、チェーンを滑らかに動かす目的のほか、錆を防止する効果もあります。
チェーンは金属で出来ているため、オイルが不足していたらうまく回転しないばかりか、金属同士が擦れて磨耗していく。

ではたっぷりチェーンオイルをつければいいのかというと、そうではありません。
オイルは粘性があり、埃や砂などを引き寄せてしまいます。
オイルが多すぎると、汚れが酷くなるだけで意味がありません。

汚れが溜まれば、砂などの汚れがチェーンの磨耗を促進させてしまい逆効果。
チェーンオイルは、チェーンの可動部にあれば十分です。

ロードバイクでは、スプレーオイルではなくボトルから可動部に一滴ずつ垂らす方法もあります。
スプレーオイルでも垂らす方法でも、一通りオイルをチェーンにつけたら、最後はウェスで拭き取ることが大事。

チェーンのプレート部

可動部だけにチェーンオイルをつけたら、チェーンのプレート部の錆防止にならないのでは?と思う人もいるかもしれません。
自転車を漕ぐとチェーンが回転しますが、ギアにもオイルがつき、プレート部にも勝手にオイルが回ります。
ギアの部分やチェーンのプレート部には、その程度のオイルがあれば十分。

オイルのつけすぎは逆効果なので注意しましょう。


関連記事

  1. 4月は39000件のアクセスがありました。

  2. 抱っこ紐を使って自転車に乗るのは合法?違法?どっちなの?

  3. 後続車の接近を知らせる!ガーミンのリアレーダー。

  4. ママチャリのサドルの高さはどれくらいがベスト?

  5. 自転車修理を依頼したときは、不具合をきちんと伝えることが大切。

  6. コーダーブルームのRAIL ACTIVEに注目すべき3つの理由。

  7. リアディレイラーのハンガーが折れた・曲がった場合の対処法。

  8. 自転車事故の3分の2は、何らかの法令違反。自転車事故の約半分は出会い頭の事故。

  9. 持ち込みパーツの組み立ては、断られることも。

  10. EVERSのパンク防止剤、それなりに効果がある。

  11. 自転車で旅を!輪行袋の選び方とオススメ輪行袋3選。

  12. 自転車保険、絶対に加入すべきたった一つの理由。