チェーンオイルは掛けたら拭くことが大事。

ロードバイクでは当たり前のことですが、チェーンの潤滑と防錆のためにチェーンオイルを定期的につけますよね!?
スプレーオイルは特にですが、チェーンオイルをつけたら余分なオイルは拭き取らなければなりません。

チェーンオイルの性質

チェーンオイルは、チェーンを滑らかに動かす目的のほか、錆を防止する効果もあります。
チェーンは金属で出来ているため、オイルが不足していたらうまく回転しないばかりか、金属同士が擦れて磨耗していく。

ではたっぷりチェーンオイルをつければいいのかというと、そうではありません。
オイルは粘性があり、埃や砂などを引き寄せてしまいます。
オイルが多すぎると、汚れが酷くなるだけで意味がありません。

汚れが溜まれば、砂などの汚れがチェーンの磨耗を促進させてしまい逆効果。
チェーンオイルは、チェーンの可動部にあれば十分です。

ロードバイクでは、スプレーオイルではなくボトルから可動部に一滴ずつ垂らす方法もあります。
スプレーオイルでも垂らす方法でも、一通りオイルをチェーンにつけたら、最後はウェスで拭き取ることが大事。

チェーンのプレート部

可動部だけにチェーンオイルをつけたら、チェーンのプレート部の錆防止にならないのでは?と思う人もいるかもしれません。
自転車を漕ぐとチェーンが回転しますが、ギアにもオイルがつき、プレート部にも勝手にオイルが回ります。
ギアの部分やチェーンのプレート部には、その程度のオイルがあれば十分。

オイルのつけすぎは逆効果なので注意しましょう。


関連記事

  1. 最強花粉症対策!花粉症サイクリストに最適なNaroo MASK F5s。

  2. 雨だと出張対応しない自転車屋さんもある

  3. 2月の人気記事一覧。

  4. 防犯登録は必須!東京都の自転車窃盗件数は年間どれくらい?

  5. いい自転車店とダメな自転車店の見分け方。

  6. 中古タイヤに交換してくる自転車店にはご注意を。

  7. 4月は39000件のアクセスがありました。

  8. 自転車通勤を始める人の落とし穴。労災問題や横領問題へなるリスク。

  9. 埼玉県の自転車出張修理店に、あさひ草加弁天店を追加しました。

  10. ロードバイクやクロスバイクを、店舗で買うか、通販で買うかの大きな違い。

  11. ママチャリのタイヤ、寿命のサインは「ひび割れ」。

  12. 2022年3月は18.3万PV。