ママチャリのバルブキャップは、必須の部品。

ママチャリの空気を入れるバルブの先端には、プラスチックのキャップが付いてます。
これをバルブキャップといいますが、このパーツは必須のパーツ。

無くしたら買ったほうがいいパーツです。

ママチャリのバルブキャップ

ママチャリの空気を入れるバルブは、英式タイプ。
英式バルブの場合、このキャップはバルブの中に異物などゴミが入ることを防止しているので、無いと困ってしまう大切なものです。

このバルブキャップ自体は、空気が抜ける早さとは何ら関係がありません。
空気が漏れるかどうかは虫ゴムが関わります。

あまり無くす人はいないと思いますが、万が一紛失した場合は早めに買いましょう。
また、ママチャリではあまりありませんが、このバルブキャップはプラスチック製なので割れてしまうこともあります。

割れてもゴミが入らないようになっているならそのままでもいいですし、オシャレ目的でもアルミ製にしてしまうのもいいでしょう。
アルミ製のバルブキャップなら、割れる心配はまずありません。

大切なのは「英式バルブ対応」のバルブキャップを買うことです。
ほかにも仏式バルブ、米式バルブもありますが、微妙に形状が違うのでママチャリには英式バルブ用を。


ロードバイクやクロスバイクの場合は

ロードバイクやクロスバイクは、仏式バルブが主流です。
仏式バルブの場合、構造的にゴミが侵入する可能性はないので、バルブキャップは無くても構いません。

新品のチューブを買うと、ロードバイク用やクロスバイク用のチューブでも、バルブキャップが付いてきます。
メーカー的には「バルブキャップは付けてくださいね」となっていますが、無くても特に問題ありません。

仏式バルブでバルブキャップが付いているのは、箱や袋に入っている丸まった状態で、バルブの先端でチューブを傷つけないようにするためだけです。

販売されている状態は、このように丸まってます。
もしバルブキャップが無かったら、金属のバルブがチューブのゴムを傷つけてパンクしてしまいます。

車輪にセットした後は、仏式の場合ゴミの進入もありませんし、無くても構わないです。
ドレスアップ目的で、アルミ製のおしゃれなバルブキャップを使う人もいます。


マウンテンバイクは米式バルブが多いですが、米式でも不要です。
ただしオフロードをガシガシ走るとドロドロになるため、汚れの防止のためにバルブキャップを付けている人もいます。

バルブキャップのまとめ

バルブキャップの必要性 主な車種
英式バルブ 必要 ママチャリ
仏式バルブ 不要 ロードバイク・クロスバイク
米式バルブ 不要 マウンテンバイク

 

もちろん、仏式や米式でも、バルブキャップを使ってはいけないわけではないので、使いたい人は使っても構いません。

関連記事

  1. TOPEAK AIRBOOSTER G2。CO2インフレーターでも空気圧を測定可能。

  2. 中古タイヤに交換してくる自転車店にはご注意を。

  3. ハブにオイルを使ってはいけない。

  4. 自転車屋の空気入れは無料?有料?どっちが適正なのだろう。

  5. 10万円以下のロードバイク、おすすめ5選。

  6. 小柄な女性は、足踏み式空気入れのほうがラクチン。

  7. 素人修理は破壊行為になる。

  8. 車道を走る自転車、本当に安全な追越し車間距離はどれくらい?

  9. 防犯登録は必須!東京都の自転車窃盗件数は年間どれくらい?

  10. 定番クロスバイクと言えば、GIOSミストラル。

  11. 安全意識が強い人は、もはやダブルライトは当たり前の時代へ。

  12. 危険な自転車事故から身を守るために