GIANT CONTEND0(ゼロ)。2022年モデルには105モデルがあります。

ジャイアントのエントリーグレードのアルミフレームに、コンテンドがあります。
2021年モデルまでは、コンテンドの最上位はコンテンド1。
ティアグラ完成車でした。

2022年モデルではコンテンド0(ゼロ)という105完成車が登場。

GIANT CONTEND0

https://www.giant.co.jp/

ジャイアントのコンテンドシリーズは、ロングライドに最適なアップライトなポジションと、太めのタイヤが魅力。
ロードバイク界では、コンポーネントは105以上が推奨されます。
コンポーネントは上から順にデュラエース、アルテグラ、105、ティアグラ、ソラ、クラリスと続きます。

コンポーネント名 変速数
デュラエース 2×11
アルテグラ
105
ティアグラ 2×10
ソラ 2×9
クラリス 2×8

 

変速数が多いほうがロングライドでのストレスも減らせるし、同じ変速段数同士であればパーツの互換性もあるので、一部分だけデュラエースやアルテグラに交換するアップグレードも可能。
変速性能も105以上がオススメ。

15万円台

コンテンド0ですが、お値段は税込み15万9500円。
8年くらい前だと、ジャイアントの105完成車の最も安いモデルで14万円台とかもあったはずなので、年々値上がりしているのが実情です。

コンテンド0の魅力というと、まずこの価格帯でフォークがフルカーボンであること。
メーカーによっては、カーボンフォークと書いてありながらも、フォークの芯(コラム)だけアルミのことも。
アルミコラムのカーボンフォークに比べて、フルカーボンだと200g程度軽量化できます。

次に、乗り心地をよくするD型シートポスト。
アルミフレームというと振動がごつごつするという意見も多いですが、最近のアルミフレームは振動吸収性もいい。
さらにD型シートポストで振動吸収性を向上させています。

変速関係は105にすることで、ストレスが少ない走行が可能。

エントリーモデルで105完成車が少ないですが、低価格で105完成車が欲しい人には朗報と言えるでしょう。


関連記事

  1. クロスバイクの変速段数は、多いほうが有利?

  2. なぜロードバイクはビンディングペダルを使う?

  3. 自転車通勤をする方が、パンクを最大限避けるための3つのコツ。

  4. タイヤを拭く重要性。迷わず拭けよ拭けばわかるさ。

  5. ママチャリとスポーツ自転車のサドルの違い。

  6. 自転車通勤の目を守るヘルメット、OGKのVITT。

  7. 寒い冬に必須!防寒バッチリの自転車用グローブ9選。

  8. ガタガタ異音が鳴るママチャリは、早めに修理を。

  9. 自転車のカギが硬くても、鍵穴への注油はダメ、絶対。

  10. ESCAPE R DROPはロードバイクではないけどツーリングや街乗りに便利。

  11. シマノ新作デュラエース(R9200)&アルテグラ(R8100)が登場。今後はディスクブレーキが主流になるか?

  12. 初心者におすすめのビンディングペダル7選。ロードバイクやクロスバイクで使い勝手がいいペダルを。