ブレーキキャリパーは105以上を選ぶのが正解。

近年ロードバイクにもディスクブレーキ化の流れが押し寄せています。
従来のロードバイクというと、リムブレーキが主。
ホイールの外周部であるリムをブレーキキャリパーで挟んで、減速させる仕組みです。

ロードバイクのブレーキキャリパーは105以上がオススメになります。

105以上のブレーキキャリパー


シマノの場合、変速機と同様にブレーキキャリパーもグレード別に設定されています。
上から順に、デュラエース、アルテグラ、105、ティアグラ、ソラ、クラリスと6つのグレードがある。

このうちレーススペックと言われるのが、デュラエース、アルテグラ、105の3つ。
この3つのグレードについては、ブレーキキャリパーで使用されているブレーキシューが同じものです。


グレードが高いブレーキキャリパーの場合、制動力が上がり、コントロール性も良くなる。
低グレードのブレーキキャリパーだと、ブレーキレバーを握ってもキャリパーの剛性が低く、ブレーキシューも低湿なのでなかなか止まらない。

グレードが高いブレーキキャリパーほど、軽い操作でしっかり止まってくれるメリットがあります。
頑張って握ってもなかなか止まらないブレーキなんて、怖くて使えませんよね。

105以上のブレーキキャリパーであれば、ブレーキアーチの剛性も高くシューもしっかりしているため、多くの人が満足できるスペックです。

タイヤのグレードも関係する

リムをブレーキキャリパーで挟んでも、実際にブレーキの力はタイヤと地面の摩擦力で発生します。
タイヤが低質であれば、単にスリップしやすくなるだけで意味が無い。

いいタイヤを使うことも、安全性を高める手段となります。

タイヤのグリップ力が低ければ、ブレーキキャリパーのグレードが高くても意味がありません。
いいタイヤといいブレーキキャリパーを使って、安全性を高めると同時に走りも向上させることが出来ます。

クラリス完成車、ソラ完成車を買ったとしても、ブレーキとタイヤはケチケチしないことが大切。

関連記事

  1. いい自転車店とダメな自転車店の見分け方。

  2. ロードバイクやクロスバイクを、店舗で買うか、通販で買うかの大きな違い。

  3. コーダーブルームのRAIL ACTIVEに注目すべき3つの理由。

  4. GIANT CONTEND0(ゼロ)。2022年モデルには105モデルがあります。

  5. ダメ絶対!注油すると壊れます。

  6. サイクルベースあさひのサイクルメイトが大幅に変更。保険が充実した新しい形。

  7. 安物でもいいから頭を守ることが大切。ヘルメットを被るのはイヤ?

  8. ロードバイク用携帯ポンプは、トピークのローディーTTがオススメ。

  9. 危険な自転車事故から身を守るために

  10. 何でもかんでもパンク修理する店と、とにかくチューブ交換を促す店。

  11. 防犯登録をしないリスク。

  12. 安価なクロスバイクやロードバイクは、まともに組むにはお金が掛かることも。