タイヤキーにご注意を。

ロードバイクやクロスバイクのタイヤを嵌めるのに手でやるとなかなか嵌まらないというときに、タイヤキーという便利なパーツがあります。


最後に嵌まらないときに、タイヤキーを使うことでテコの原理を使ってタイヤを嵌める道具。
便利ですが、注意しないとリムを破壊します。

タイヤキーの注意点

タイヤキーの注意点は、リムに対して垂直90度の角度をキープしたまま、力を入れること。
タイヤをまっすぐ持ち上げるイメージでやれば有益なパーツですが、斜め方向に力を入れると、タイヤキーが滑ってしまいリムが曲がることがあります。

テコの原理を使って嵌めるツールですが、意外と嵌まらなくてついつい力をメリメリと入れてしまうと、リムの上でタイヤキーが滑ってしまい、アルミリムが曲がったとか、カーボンリムが割れたみたいなトラブルも。

似たようなツールで、やはりテコの原理を使って嵌めるものはあります。


これについても、なかなか填まらないからと言って滑らせてしまうと、リムが曲がってしまい修復できないことがあります。
うまく使えば、スポン!と軽い力で嵌まります。
力に頼らずタイヤを嵌めるツールですので、なかなか填まらないときには何か間違っている可能性があるため要注意です。

力に頼らずタイヤを嵌める

このようなツールは便利ですが、使い方を間違ってしまうとリムが曲がってダメになります。
素手で嵌めるときは、パワーで嵌めるわけではありません。
タイヤを揉んで中央に寄せて、隙間を作ってから嵌めます。

便利なツールであることは確か。
便利ツールは、少ない力で嵌めるものですから、MAXに力を入れないと嵌まらないときには、無理しないほうがいいようです。

関連記事

  1. オススメのフラットペダルは、やはり三ヶ島。

  2. 10月はおよそ7200名の方にお越し頂きました。

  3. ツールケースorサドルバッグ。

  4. 安物でもいいから頭を守ることが大切。ヘルメットを被るのはイヤ?

  5. ママチャリの空気入れにこだわる。

  6. チューブの耐用年数は何年?

  7. タイヤを拭く重要性。迷わず拭けよ拭けばわかるさ。

  8. 自転車通勤に最も適した距離は?9割弱が10キロ未満という結果に。

  9. 自転車にも人間ドックと同じ感覚を。

  10. クロスバイク用フロントライトのおすすめ5選。通勤通学の必需品。

  11. 自転車のチューブも定期的な交換が必要。

  12. ママチャリのサドルの高さはどれくらいがベスト?