ビアンキのクロスバイク、C-SPORT1と2の違い(2022年モデル)

ビアンキというとイタリアの人気ブランドの一つで、チェレステというエメラルドグリーンのようなカラーリングが特徴的。
毎年人気が高いビアンキのクロスバイクですが、C-SPORT1と2にはどんな違いがあるのでしょうか?

2022 BIANCHI C-SPORT1と2の違い

https://www.japan.bianchi.com/

今はC-SPORTという名前ですが、何年か前まではカメレオンテという名前でした。
C-SPORTのCも、その名残だろうと思われます。

そんなC-SPORT1と2の違いは、ブレーキシステムだけと考えていい。
1は従来通りのリムブレーキ(Vブレーキ)で、2はディスクブレーキ。

メーカーサイトの画像は、C-SPORT1はディスクブレーキになっていますが間違えています。

C-SPORT1 C-SPORT2 Disc
フロントディレイラー Shimano Acera
クランク Shimano FC-TY301 42/34/24T
リアディレイラー MICROSHIFT FD-M20
スプロケット Shimano CS-HG200 8sp 12/32T
ブレーキ Tektro RX1 V-brake Shimano BR-MT200(油圧ディスク)
ホイール ALEXRIMS AT470 ALEX RIM ATD500(チューブレスレディ)
値段 69,300 79,200

 

ほぼ全てのパーツが共通で、ブレーキがVブレーキかディスクブレーキかの違い。
どっちを選んだほうがいいかは走る環境と好みの問題。

雨天に強いディスクブレーキ

Vブレーキも元々はマウンタンバイク用の強力なブレーキで、テクトロ製のVブレーキでも強力に効きます。
しかしリムブレーキの弱点は雨に弱いこと。
雨が降っているときはガクンとブレーキ力が落ちます。

ディスクブレーキの利点は、雨でも強いこと。
雨の日にもクロスバイクに乗る人は、ディスクブレーキを選んだほうがいい。

人気が高いビアンキなので、毎年入荷数も少ない上になかなか入手困難になってしまいます。
欲しい人は早めに予約しましょう。



関連記事

  1. 持ち込みパーツの組み立ては、断られることも。

  2. コーダーブルームのRAIL ACTIVEに注目すべき3つの理由。

  3. Tubolito 超軽量チューブの弱点。

  4. 新サイトオープンします。

  5. 2022年8月は21.8万PV。

  6. 自転車通勤で疲れにくいバックパックならDeuter(ドイター)がおすすめ。

  7. ママチャリ用パンク防止剤は、メリットとデメリットがある。

  8. シェアサイクルで事故を起こしてしまったとき、自転車保険は下りるのか?

  9. 電動アシスト自転車の弱点。

  10. シティサイクル(ママチャリ)のパンクを予防する、たった二つの方法。

  11. ロードバイクやクロスバイクのパンク対策!瞬間パンク修理剤「クイックショット」。ママチャリでも使えますが・・・

  12. ロードバイクとグラベルロードの違いを解説するよ。