ビアンキのクロスバイク、C-SPORT1と2の違い(2022年モデル)

ビアンキというとイタリアの人気ブランドの一つで、チェレステというエメラルドグリーンのようなカラーリングが特徴的。
毎年人気が高いビアンキのクロスバイクですが、C-SPORT1と2にはどんな違いがあるのでしょうか?

2022 BIANCHI C-SPORT1と2の違い

https://www.japan.bianchi.com/

今はC-SPORTという名前ですが、何年か前まではカメレオンテという名前でした。
C-SPORTのCも、その名残だろうと思われます。

そんなC-SPORT1と2の違いは、ブレーキシステムだけと考えていい。
1は従来通りのリムブレーキ(Vブレーキ)で、2はディスクブレーキ。

メーカーサイトの画像は、C-SPORT1はディスクブレーキになっていますが間違えています。

C-SPORT1 C-SPORT2 Disc
フロントディレイラー Shimano Acera
クランク Shimano FC-TY301 42/34/24T
リアディレイラー MICROSHIFT FD-M20
スプロケット Shimano CS-HG200 8sp 12/32T
ブレーキ Tektro RX1 V-brake Shimano BR-MT200(油圧ディスク)
ホイール ALEXRIMS AT470 ALEX RIM ATD500(チューブレスレディ)
値段 69,300 79,200

 

ほぼ全てのパーツが共通で、ブレーキがVブレーキかディスクブレーキかの違い。
どっちを選んだほうがいいかは走る環境と好みの問題。

雨天に強いディスクブレーキ

Vブレーキも元々はマウンタンバイク用の強力なブレーキで、テクトロ製のVブレーキでも強力に効きます。
しかしリムブレーキの弱点は雨に弱いこと。
雨が降っているときはガクンとブレーキ力が落ちます。

ディスクブレーキの利点は、雨でも強いこと。
雨の日にもクロスバイクに乗る人は、ディスクブレーキを選んだほうがいい。

人気が高いビアンキなので、毎年入荷数も少ない上になかなか入手困難になってしまいます。
欲しい人は早めに予約しましょう。



関連記事

  1. コーダーブルーム、RAIL ACTIVEは5万円台ながらもクロスバイクの本命ともいえるスペックで。

  2. ママチャリの空気入れにこだわる。

  3. ママチャリのパンクを予防するなら、2週間に一度の空気入れ。

  4. FUJI MOTIVATOR。クロスバイクタイプのE-BIKE。

  5. パンク防止剤(スライム)は入れないほうがよい

  6. チェーン切り工具にこだわる。おすすめはシマノのチェーン切り。

  7. ママチャリでもちゃんと空気圧を管理したい!そんな人向けの特殊バルブ。

  8. タイヤを拭く重要性。迷わず拭けよ拭けばわかるさ。

  9. 中古タイヤに交換してくる自転車店にはご注意を。

  10. ママチャリにチューブレスタイヤがない理由。

  11. ブリジストンTB1e ブルホーンカスタムVer。ブルホーンバーでより乗りやすく。

  12. パンク修理についてユーザーが望んでいること。