真夏のサイクリングは危険!保冷ボトルで対策を!

真夏のサイクリングは熱中症のリスクが高く、可能な限り昼間を避けたほうが無難。
一般的なサイクルボトルは保冷機能がないため、氷を詰めておいても1時間後にはお湯に変わってしまいます。

発汗で失われた水分を補給するためにはドリンクボトルが欠かせません。
真夏用にはステンレスのサイクルボトルをオススメします。

サーモスのサイクルボトル


ステンレスのサイクルボトルは、いわば魔法瓶です。
保冷能力は普通のサイクルボトルとは全く比較にはなりません。

普通のサイクルボトルは一時間後にはお湯。
ステンレスボトルなら、氷を詰めておけば6時間くらい問題なく冷たいままです。

ステンレスのサイクルボトルで有名なのはサーモス。
サーモスのサイクルボトルで熱中症対策をしましょう。

開け方はコツがいる

一般的なサイクルボトルであれば、口元に持っていくだけでそのまま飲めます。
しかし、ステンレスボトルの場合には蓋がついていてロックされているため、走行中に飲むのはちょっとコツが必要です。

片手で蓋を開けることは可能なのですが、中が冷たいため陰圧になっており、すんなり開かないことも。
慣れれば走行中に片手で蓋を開けて飲めますが、安全のためには信号待ちなど停車中に飲むほうがいいでしょう。


関連記事

  1. ホームページが無くても登録可能です

  2. 自転車事故は、軽微でも警察へ通報を。

  3. 自転車用パンク修理剤でも、普通にママチャリパンクは直ります。

  4. 自転車通勤で疲れにくいバックパックならDeuter(ドイター)がおすすめ。

  5. 安易に軽量化達成!軽量アルミステムでお財布にも優しい。

  6. チェーン店と個人店、どっちが修理スキルが高いのだろうか?

  7. ツルツルタイヤはすぐに交換を。

  8. いい自転車店とダメな自転車店の見分け方。

  9. 久々に店舗別ページを作成しました。

  10. カーボンシートポストがズリ落ちるときにはコレ。

  11. 輪行後の変速不良は、リアディレイラーハンガーを疑う。

  12. 自転車用の保冷ボトルはいかがですか?