真夏のサイクリングは危険!保冷ボトルで対策を!

真夏のサイクリングは熱中症のリスクが高く、可能な限り昼間を避けたほうが無難。
一般的なサイクルボトルは保冷機能がないため、氷を詰めておいても1時間後にはお湯に変わってしまいます。

発汗で失われた水分を補給するためにはドリンクボトルが欠かせません。
真夏用にはステンレスのサイクルボトルをオススメします。

サーモスのサイクルボトル


ステンレスのサイクルボトルは、いわば魔法瓶です。
保冷能力は普通のサイクルボトルとは全く比較にはなりません。

普通のサイクルボトルは一時間後にはお湯。
ステンレスボトルなら、氷を詰めておけば6時間くらい問題なく冷たいままです。

ステンレスのサイクルボトルで有名なのはサーモス。
サーモスのサイクルボトルで熱中症対策をしましょう。

開け方はコツがいる

一般的なサイクルボトルであれば、口元に持っていくだけでそのまま飲めます。
しかし、ステンレスボトルの場合には蓋がついていてロックされているため、走行中に飲むのはちょっとコツが必要です。

片手で蓋を開けることは可能なのですが、中が冷たいため陰圧になっており、すんなり開かないことも。
慣れれば走行中に片手で蓋を開けて飲めますが、安全のためには信号待ちなど停車中に飲むほうがいいでしょう。


関連記事

  1. クロスバイクやロードバイクを買ったら、1か月後には一度「初期伸び」を調整する。

  2. パンクしたまま自転車に乗ると、費用が高くなるリスクあり。

  3. あってはならない自転車修理店。

  4. 自転車保険、絶対に加入すべきたった一つの理由。

  5. Cervelo Caledonia。エンデュランスバイクながらもグラベル並みのタイヤクリアランスを確保。

  6. 「他店購入自転車の修理はお断り」という自転車店も。

  7. 自転車は横断歩道を乗ったまま渡ってもいいの?

  8. EVERSのパンク防止剤、それなりに効果がある。

  9. 電動キックボードの通行方法。

  10. 10万円と100万円のロードバイク、いったい何が違うの?

  11. ロードバイク用携帯ポンプは、トピークのローディーTTがオススメ。

  12. 定番クロスバイクと言えば、GIOSミストラル。