通勤通学用自転車はライトが命!

だいぶ日没が早くなってきたこの時期、通勤通学用自転車にはライトが欠かせません。
暗くなるちょっと前にはライトを点灯する必要があります。

意外と大切なのはリアライト

フロントライトは視野を確保するために欠かせませんが、忘れがちなのはリアライト。
リアライトの目的は「自転車の存在を知らせること」。

後ろから追突されないように、リアライトは欠かせません。
ママチャリだと反射板がついていますが、反射板よりも被視認性が高いリアライトがおすすめ。
スポーツ自転車は元より、ママチャリでも装着可能なので安全性を高めるためにはリアライトをつけるべきです。

リアライトも値段はピンキリですが、最大手のキャットアイがおすすめです。



反射板とリアライトの両方の機能を兼ね備えたモデルもあり、万が一のバッテリー切れでも反射板が機能します。


特にお子さまにはリアライトを

近年は自転車リアライトを日中でもつける「デイライト」が流行りです。
日中でも自転車の存在を周囲にアピールすることで、安全性を高めます。

子供用自転車は背丈が低い分、存在アピールが弱い。
お子さまの自転車にも是非リアライトを!

関連記事

  1. 安易に軽量化達成!軽量アルミステムでお財布にも優しい。

  2. Cervelo Caledonia。エンデュランスバイクながらもグラベル並みのタイヤクリアランスを確保。

  3. ロードバイクを買ったらスプロケットを変えてみるのがいい。

  4. スポーツ自転車専門店は、ママチャリの修理が出来ない。

  5. 出張の自転車修理店は、どれくらいお値段がかかる??

  6. クレジットカード対応の出張自転車修理屋さんはかなり少ない

  7. 抱っこ紐を使って自転車に乗るのは合法?違法?どっちなの?

  8. 高齢者向けの電動アシスト自転車。

  9. 激安クロスバイクとまともなクロスバイクの違い。おすすめクロスバイク5選。

  10. 自転車にも人間ドックと同じ感覚を。

  11. 雨に濡れた自転車、錆を予防するには?

  12. TOPEAK AIRBOOSTER G2。CO2インフレーターでも空気圧を測定可能。