ロードバイク用携帯ポンプは、トピークのローディーTTがオススメ。

ロードバイク屋クロスバイクなどスポーツ自転車に乗る人にとっては、パンクしたときの携帯ポンプは必需品。
携帯ポンプと言っても色々ありますが、軽い力で高圧まで上げることができるものとなると、トピークのローディーTTがオススメです。

トピーク ローディーTT


一見すると普通の携帯ポンプにしか見えませんが、このポンプはツインターボテクノロジー採用。
通常、ポンプを押すときにしか空気を送り込めませんが、このポンプは引く時に空気を圧縮してくれるため、押し込んだ時に2倍の空気量を送り込めるようなものだと思えばよいです。
押すのも引くのも軽い力でできるので、頑張れば7Barくらいまで普通に入ります。

一般的な携帯ポンプに比べると、疲労度、所要時間ともにだいぶ軽減されるのがこのポンプの特徴です。

Co2と併用がオススメ

とはいっても、家に置いてあるようなフロアポンプと比べると疲れるし時間が掛かるのは当たり前。
そのため、携帯ポンプはチューブを膨らますときと、Co2が切れているときに使うものと割り切って、空気圧を高めるのはCo2に頼ったほうが早い。

Co2は失敗しやすいとも言われますが、TNIのバルブ式のものは空気の流入量をコントロールしながら出来るので、失敗しづらいCo2インフレーターです。
携帯ポンプ無しでCo2のみというのはお勧めしませんが、両方装備しておくといざパンクしたときにもすぐに復旧できます。


関連記事

  1. 「他店購入自転車の修理はお断り」という自転車店も。

  2. ツールケースorサドルバッグ。

  3. 自転車のチェーンは伸びる。定期的に交換を。

  4. 失敗しない出張自転車店の選び方。

  5. 2週に一度空気を入れるだけで、ママチャリはほとんどパンクしなくなる。

  6. シマノのグラベルコンポ、GRXの重量まとめ。

  7. コロナ禍で自転車通勤を始める人の、自転車選び5つのポイント。

  8. 持ち込みパーツの組み立ては、断られることも。

  9. クロスバイク、おすすめリアライト5選。被視認性を高めるリアライトの選び方。

  10. スポーツ自転車専門店は、ママチャリの修理が出来ない。

  11. 初めての自転車、小さなお子様に初めて自転車を買ってあげるときの3つのポイント

  12. 2022年2月は16.5万PVでした。