ロードバイク用携帯ポンプは、トピークのローディーTTがオススメ。

ロードバイク屋クロスバイクなどスポーツ自転車に乗る人にとっては、パンクしたときの携帯ポンプは必需品。
携帯ポンプと言っても色々ありますが、軽い力で高圧まで上げることができるものとなると、トピークのローディーTTがオススメです。

トピーク ローディーTT


一見すると普通の携帯ポンプにしか見えませんが、このポンプはツインターボテクノロジー採用。
通常、ポンプを押すときにしか空気を送り込めませんが、このポンプは引く時に空気を圧縮してくれるため、押し込んだ時に2倍の空気量を送り込めるようなものだと思えばよいです。
押すのも引くのも軽い力でできるので、頑張れば7Barくらいまで普通に入ります。

一般的な携帯ポンプに比べると、疲労度、所要時間ともにだいぶ軽減されるのがこのポンプの特徴です。

Co2と併用がオススメ

とはいっても、家に置いてあるようなフロアポンプと比べると疲れるし時間が掛かるのは当たり前。
そのため、携帯ポンプはチューブを膨らますときと、Co2が切れているときに使うものと割り切って、空気圧を高めるのはCo2に頼ったほうが早い。

Co2は失敗しやすいとも言われますが、TNIのバルブ式のものは空気の流入量をコントロールしながら出来るので、失敗しづらいCo2インフレーターです。
携帯ポンプ無しでCo2のみというのはお勧めしませんが、両方装備しておくといざパンクしたときにもすぐに復旧できます。


関連記事

  1. オススメ自転車用ミラー6選。クロスバイクやロードバイクだけではなくママチャリにも。

  2. 出張自転車修理店の登録について

  3. 自転車に「ベル」を装備していないと違反!

  4. ブリヂストンアンカーの新型クロスバイクRL1が盗難補償付きで登場。

  5. 2022年7月は20.2万PV。

  6. 自転車ライトはやや下向き!ハイビーム攻撃はやめよう。

  7. 中古タイヤに交換してくる自転車店にはご注意を。

  8. 12月1日より、4輪自転車の歩道通行が可能になります。

  9. TOPEAK AIRBOOSTER G2。CO2インフレーターでも空気圧を測定可能。

  10. ママチャリのチェーン、どれくらいで寿命なのか?

  11. 自転車ライトの「ハイパーフラッシュモード」は夜間は使わないで。

  12. 安いママチャリと高いママチャリの差。