OGKカブトにカジュアルヘルメット「DAYS」が登場。

自転車ヘルメット大手のOGKカブトより、カジュアルヘルメットの「DAYS」が販売開始されました。
本格的なヘルメットは苦手、だけど安全性のためにはヘルメットが必要かなと思うライトユーザーにお勧め。

OGKカブト DAYS


一見すると普通の帽子のようにみえますが、ちゃんとSG基準を満たした自転車用ヘルメットです。
重量も325gとまずまず軽量に抑えており、首への負担を軽減しながらも安全性を高めることが出来ます。

カラーはカーキとブラックの二つ。


オプションパーツで帽子(ヘルメットカバー)、インナーパッドセットもあります。
税込で9020円とやや高めではありますが、スポーティなデザインのヘルメットが苦手な人にはお勧めできるヘルメットです。

オシャレ感と安全性を両立

自転車用ヘルメットなので、あご紐付きで安心のヘルメットです。
OGKカブトにはほかにもカジュアルヘルメットがあります。


こちらのSICUREは重量が350g、税込み7920円なのでDaysよりもちょっとお買い得。

どちらのカジュアルヘルメットも、夜間でも安心できるようにリフレクターを装備。
車のライトに照らされれば反射します。

自治体によっては自転車のヘルメット義務化の条例もありますが、罰則はありません。
安全性を高めるには、自らヘルメットを被る時代。
カジュアルヘルメットでより安全な自転車ライフを。

関連記事

  1. スポーツサイクルに乗るときには、アイウェアを着けることがマスト。

  2. ロードバイクやクロスバイクがパンクした時に、3分もあれば復旧できるCo2インフレーター。

  3. ロードバイクを買ったらスプロケットを変えてみるのがいい。

  4. 通勤通学用のクロスバイク、ディスクブレーキを選ぶべき?

  5. パンク修理した翌日にまたパンクしている・・・これは自転車屋のミス?

  6. BIANCHI ROMA2&ROMA3。2022年モデルで変更された点はどこ?

  7. シマノ新作デュラエース(R9200)&アルテグラ(R8100)が登場。今後はディスクブレーキが主流になるか?

  8. クロスバイクは3ヶ月も乗ったら、チェーンを洗浄して注油すると生まれ変わる。

  9. ママチャリ通勤者が、安全性を高めるコツ。

  10. 通勤通学で時間が無いときのパンク対策に、パンク修理時は有効なのか?

  11. シマノのグラベルコンポ、GRXの重量まとめ。

  12. ママチャリのタイヤを交換。

アーカイブ