FUJI MADCAPは2022年モデルでも注目のフラットバーロード。

FUJIは元々、日米富士という日本のメーカーでした。
今はアメリカに拠点がありますが、スポーツ自転車では定評があり人気が高いブランドです。

FUJIはスタイリッシュなバイクを開発することに長けていますが、フラットバーロードのMADCAPは2022年モデルでも大注目の一台です。

2022 FUJI MADCAP


FUJIの自転車はシルバー系の塗装でスタイリッシュに仕上げていることが多いように感じますが、この自転車はロードバイクに近いフレームのジオメトリを持ち、加速性を重視している一台。
フラットバーロードとクロスバイクは、見た目ではほぼ同じ。
決定的な差はフレームのジオメトリにあり、特に注目するのはチェーンステイ長。

チェーンステイ長は、ペダルの付け根から後輪までの距離。
ここが短くなると加速性重視になり、長くなると直進安定性重視になる。

ロードバイクの場合、チェーンステイ長は405~415mmくらいが多く、ほとんどが410mm以下。
FUJIのMADCAPについても、チェーンステイ長が410mmとロードバイク並みの短さにすることで、加速性を重視しています。

パーツもロードバイク系にこだわっているのがポイントで、コンポーネントはシマノ クラリス。
ロードバイク用コンポとしてはエントリーグレードに属するクラリスですが、2×8変速で使い勝手がいいのがポイントです。

クロスバイクの場合、3×8変速が多くなります。
フロントの変速は、多くても使いにくいのが実情です。
フロント変速がトリプルになると、変速段数が増えますが、トリプルの最も軽いギアはほぼ使うことが無いほど軽すぎるギアになっています。
トリプルになれば重くなるし、変速性能もやや落ちるので、フロントはダブルのほうが使い勝手がいい。

コロナの影響で

この一年半ほど、どこのメーカーも自転車の供給が遅れています。
特に変速機など、シマノパーツが生産が遅れており、残念ながらFUJIのMADCAPについても納期は遅くなるようです。

リンク先では2022年2月以降に入荷予定となっています。
ここで勘違いしないで欲しいのは、ほとんどのスポーツ自転車は予約状態になるので、今注文して2月に入荷するかどうかになるので、2月に注文すると最悪の場合は既に予約分で完売になることも。

この一年半ほど、どこのメーカーもスポーツ自転車は入手困難です。
欲しいと思ったときに早めに注文しないと、在庫切れやさらに入手するのが遅くなるので注意しましょう。


関連記事

  1. 自転車は横断歩道を降りて渡る義務がある。

  2. 安価なクロスバイクやロードバイクは、まともに組むにはお金が掛かることも。

  3. 1月は17.1万PVでした。

  4. ママチャリでもちゃんと空気圧を管理したい!そんな人向けの特殊バルブ。

  5. クロスバイクやロードバイクを買ったら、1か月後には一度「初期伸び」を調整する。

  6. 中古の古タイヤを使ってくる自転車屋に注意。

  7. 自転車通勤で疲れにくいバックパックならDeuter(ドイター)がおすすめ。

  8. 口コミ評価★5つの自転車屋は注意したほうがいい理由。

  9. 中古タイヤに交換してくる自転車店にはご注意を。

  10. 通勤通学用のクロスバイク、ディスクブレーキを選ぶべき?

  11. GIANT CONTEND0(ゼロ)。2022年モデルには105モデルがあります。

  12. 電動自転車(モペット)は乗ると違法。