お買い得度高し!コーダーブルームのFARNA TIAGRA

コロナでどのブランドも値上げしているのがロードバイク界。
いまやソラ完成車でも14万とかになることも。

リムブレーキとディスクブレーキでは、リムブレーキのほうが安くなります。
ディスクブレーキ車は、パーツが高いのです。

そんな中、日本のブランド、コーダーブルームのFARNA TIAGRAはなかなかお買い得度が高いロードバイクです。

コーダーブルーム FARNA TIAGRA


コーダーブルームの場合、ストラウスがレース向きのロードバイクで、ファーナはロングライド向きのエンデュランスモデル。
ファーナティアグラは、ロングライド向きに設計されたアルミフレームに、ミドルグレードに当たるティアグラのコンポーネントをアッセンブルした一台です。

何より注目なのは、値段。
ティアグラ完成車で121000円(税込)なので、この時代ではお買い得度が高いロードバイクになっています。

このロードバイクでもうひとつ注目なのは、ブレーキ。
ティアグラのさらにワンランク上の105のブレーキを採用しています。
ロードバイク完成車の場合、ブレーキをケチることにより値段を下げる傾向にありますが、フレームティアグラはむしろワンランク上げてます。
105のブレーキは効きもよく、お買い得度が高い。

サイズは3つ

ただしコーダーブルームの場合、フレームサイズは3つしか用意されていません。
他社に比べてフレームサイズは少ないため、ベストサイズが無い人もいるかもしれません。

ついているパーツと値段でいうなら、ファーナティアグラはかなりお買い得。
完成車重量は9.2キロなので決して軽量とは言えませんが、価格を抑えて初心者でも買いやすいのがいいですね。


関連記事

  1. チェーン切り工具にこだわる。おすすめはシマノのチェーン切り。

  2. シマノのグラベルコンポ、GRXの重量まとめ。

  3. クロスバイク、オススメタイヤ7選。タイヤを変えれば走りも変わる。

  4. 12月1日より、4輪自転車の歩道通行が可能になります。

  5. ママチャリこそ空気をしっかり。

  6. チェーン店と個人店、どっちが修理スキルが高いのだろうか?

  7. ママチャリ通勤者が、安全性を高めるコツ。

  8. ロードバイクで遠出するときに、必須の工具5点。

  9. ロードバイク・クロスバイクは専門店で修理するのが無難。

  10. クロモリフレームのアヘッドステムとスレッドステム。

  11. ロードバイクやクロスバイク、ギアの数が多いとどんなメリットがある?

  12. 無意味なパンク防止剤の実験。