小柄な女性は、足踏み式空気入れのほうがラクチン。

自転車用空気入れというと、一般的には手押しポンプです。

手押しポンプの場合、小柄な女性だと空気を入れる作業が大変なことも。
小柄な女性向けの手押しポンプもありますが、足踏み式空気入れのほうがラクチンなことも。

フットポンプ


手押しポンプの場合には体重をかけてポンプを押しますが、小柄な女性の場合、ポンプを一番上まで引き出した位置になると、位置が高すぎて体重をかけてポンプを押すことが難しい。
フットポンプの場合、足踏み式なので踏みつけるだけ。

小柄な女性でも、体重をかけて空気を入れる作業ができます。

ただしデメリットもあります。
一般的には、手押しポンプのほうが一回に送り込める空気量は多いため、フットポンプだと踏む回数は増えます。
しかし空気入れの場合、空気圧が高まれば高まるほど押す力が必要になるため、体重をうまく掛けられない手押しポンプだと大変なことが。
やはりフットポンプの利点は、ずっと体重をかけて押せる点にあるでしょう。

使いやすいものを

ママチャリのパンクの主な原因は、空気圧が足りてないことで起こります。
釘や針金などが刺さるパンクは、実はほとんどありません。

空気圧が足りてないことにより、段差でチューブが押し潰されてしまうパンクや、空気圧が足りてないことによりチューブとタイヤが擦れて起こるパンクがほとんど。

ママチャリなら、2週間に1度空気を足すことによりほとんどのパンクは防げます。
空気入れも、自分の体にあった使いやすいものを選びましょう。


関連記事

  1. 自転車であっても、ひき逃げは成立する。

  2. FUJI MADCAPは2022年モデルでも注目のフラットバーロード。

  3. 自転車に乗るとき、アイウェアはヘルメット並みに大事。

  4. 通勤通学で時間が無いときのパンク対策に、パンク修理時は有効なのか?

  5. 12月1日より、4輪自転車の歩道通行が可能になります。

  6. クロスバイクをより快適に。バーエンドバーのススメ。

  7. 高齢者向けの自転車と言うと、「こげーる」もある。

  8. BIANCHI VIA NIRONE7はエントリーグレードで人気が高いロードバイク。

  9. ママチャリの前カゴは狙われる。盗難対策を。

  10. ママチャリのパンク防止に救世主!?タイヤライナー。

  11. クロスバイクは3ヶ月も乗ったら、チェーンを洗浄して注油すると生まれ変わる。

  12. 5月は67000件のPVがありました。