小柄な女性は、足踏み式空気入れのほうがラクチン。

自転車用空気入れというと、一般的には手押しポンプです。

手押しポンプの場合、小柄な女性だと空気を入れる作業が大変なことも。
小柄な女性向けの手押しポンプもありますが、足踏み式空気入れのほうがラクチンなことも。

フットポンプ


手押しポンプの場合には体重をかけてポンプを押しますが、小柄な女性の場合、ポンプを一番上まで引き出した位置になると、位置が高すぎて体重をかけてポンプを押すことが難しい。
フットポンプの場合、足踏み式なので踏みつけるだけ。

小柄な女性でも、体重をかけて空気を入れる作業ができます。

ただしデメリットもあります。
一般的には、手押しポンプのほうが一回に送り込める空気量は多いため、フットポンプだと踏む回数は増えます。
しかし空気入れの場合、空気圧が高まれば高まるほど押す力が必要になるため、体重をうまく掛けられない手押しポンプだと大変なことが。
やはりフットポンプの利点は、ずっと体重をかけて押せる点にあるでしょう。

使いやすいものを

ママチャリのパンクの主な原因は、空気圧が足りてないことで起こります。
釘や針金などが刺さるパンクは、実はほとんどありません。

空気圧が足りてないことにより、段差でチューブが押し潰されてしまうパンクや、空気圧が足りてないことによりチューブとタイヤが擦れて起こるパンクがほとんど。

ママチャリなら、2週間に1度空気を足すことによりほとんどのパンクは防げます。
空気入れも、自分の体にあった使いやすいものを選びましょう。


関連記事

  1. 夜やトンネル内は、自転車でもリアライトが必須。

  2. サイクルベースあさひのサイクルポーター(出張修理)

  3. 自転車でも「ひき逃げ」「当て逃げ」は犯罪になる。

  4. ロードバイクで遠出するときに、必須の工具5点。

  5. 安いママチャリと高いママチャリの差。

  6. 2022年7月は20.2万PV。

  7. ビンディングペダル初心者にオススメ!片面フラットペダル。

  8. 空気圧が低いことによるリスク。

  9. 自転車は横断歩道を乗ったまま渡ってもいいの?

  10. お買い得度高し!コーダーブルームのFARNA TIAGRA

  11. ロードバイク・クロスバイクで追突事故を防ぐ!デイタイムライトを是非!

  12. コーダーブルームのRAIL ACTIVEに注目すべき3つの理由。