メリダ GRAN SPEED 250D。あさひ限定のエアロクロスバイク。

メリダは台湾のブランドで、ロードバイクやMTBなど幅広く活躍している自転車メーカー。
クロスバイクも扱っていますが、サイクルベースあさひとのコラボレーションバイクもあります。

メリダ GRAN SPEED 250D


グランスピード250Dはサイクルベースあさひとメリダのコラボレーションで登場したクロスバイク。
どちらかというとフラットバーロードにも近い存在ですが、まず特徴的なのは独特のフレーム形状。

空力をよくするために、車輪のところがえぐれたような形状になっているのが特徴です。
クロスバイクやフラットバーロードで、この形状を採用する事例はほとんどありません。

コンポーネントはシマノ クラリス(2×8)。
ロードバイク用のエントリーグレードのコンポーネントですが、フロントが2速、リアが8速になっているので登りから平坦まで使いがったがいいギア構成になっています。

クロスバイクともフラットバーロードとも言える独特の立ち位置なジオメトリが特徴。
ロードバイクは加速性重視なので、フレームのリアセンター(ペダルの付け根~後輪の距離)を短くし、410㎜以下にするのが一般的。
クロスバイクは直進安定性重視なので、リアセンター長は短めでも425㎜、長めだと450㎜程度のこともあります。
メリダのグランスピード250Dはリアセンター長が420㎜なので、クロスバイクの中では加速性重視、だけど直進安定性も確保という立ち位置になっています。

あさひ限定

メリダのグランスピード250Dはサイクルベースあさひ限定になっているので、あさひの店舗か通販でしか購入することが出来ません。
普通の自転車店で取り寄せることも不可。

ここがマイナス要素ですが、あさひは規模が大きいため、以前からFUJIとコラボレーションバイクを出したりしています。
メリダのグランスピード250Dもコラボレーションで登場したクロスバイクですが、それなりに人気車種なので欲しい方はお早めに。


関連記事

  1. 義務がある一時停止と、義務がない一時停止の話。

  2. 2022年7月は20.2万PV。

  3. 初めての自転車、小さなお子様に初めて自転車を買ってあげるときの3つのポイント

  4. TPUチューブは軽い「だけ」。

  5. サイクルベースあさひのサイクルメイトが大幅に変更。保険が充実した新しい形。

  6. タイヤを拭く重要性。迷わず拭けよ拭けばわかるさ。

  7. 2022年3月は18.3万PV。

  8. サイクルオリンピックが出張自転車修理に参入?

  9. 出張自転車の修理店を探すときは、車(バン)で来てくれるほうが効率的。

  10. Fuji MADCAPとRAIZの違い。

  11. 2022年4月は20.7万PVでした。

  12. 自転車の交通違反について、少額違反金制度が作られる。