ママチャリの空気入れが面倒!ならば電動空気入れにすればよい。

ママチャリがパンクする原因の約7割は、空気圧不足によるものと言われます。
空気さえしっかり入っていればパンクなんてほとんどが防げるにもかかわらず、ついつい空気入れが面倒だからとさぼってしまう。


電動空気入れのメリット


電動空気入れのメリットは、力を使わないこと。
ママチャリでも空気を入れるときは、最初が硬いですしポンプするのが面倒。
それならば電動空気入れにしてしまえば、セットすればあとは勝手にやってくれます。

このような空気入れはいろいろ出ていますが、ママチャリに使うのであれば英式バルブ対応を選べば大丈夫。


電動空気入れの場合は、空気圧を指定すればあとは勝手にやってくれます。
ママチャリのタイヤでも、タイヤサイドを見れば空気圧が書いてある場合もあるので、それをみてセットすれば完了します。

防げるパンク

自転車がパンクしてしまうと、押して帰るのに苦労しますよね。
パンクのほとんどは空気圧が不足していることが原因。
2週間に一度空気を入れておけば、タイヤが劣化しているなどを除けばかなりパンクを防ぐことが可能。

値段としても、電動空気入れは特別高いわけでもありません。
普通の空気入れに比べると3倍以上はすることが多いですが、面倒な空気入れとおさらばしながらもパンクしにくくするのが電動空気入れのメリットですよ。

関連記事

  1. 大人でも人気!ジュニア選手用のジュニアカセットスプロケット。

  2. ロードバイクやクロスバイクのモデルチェンジは夏!早めに予約を。

  3. 街の自転車屋が減っていった理由。

  4. EVERSのパンク防止剤、それなりに効果がある。

  5. ママチャリ通勤者が、安全性を高めるコツ。

  6. 車道を走る自転車、本当に安全な追越し車間距離はどれくらい?

  7. 中古タイヤに交換してくる自転車店にはご注意を。

  8. ロードバイク・クロスバイクは専門店で修理するのが無難。

  9. 高齢者向けの自転車と言うと、「こげーる」もある。

  10. ブレーキシューの位置に注意!パンクの原因に。

  11. ブリジストンTB1e ブルホーンカスタムVer。ブルホーンバーでより乗りやすく。

  12. TPUチューブは軽い「だけ」。