ママチャリの空気入れが面倒!ならば電動空気入れにすればよい。

ママチャリがパンクする原因の約7割は、空気圧不足によるものと言われます。
空気さえしっかり入っていればパンクなんてほとんどが防げるにもかかわらず、ついつい空気入れが面倒だからとさぼってしまう。


電動空気入れのメリット


電動空気入れのメリットは、力を使わないこと。
ママチャリでも空気を入れるときは、最初が硬いですしポンプするのが面倒。
それならば電動空気入れにしてしまえば、セットすればあとは勝手にやってくれます。

このような空気入れはいろいろ出ていますが、ママチャリに使うのであれば英式バルブ対応を選べば大丈夫。


電動空気入れの場合は、空気圧を指定すればあとは勝手にやってくれます。
ママチャリのタイヤでも、タイヤサイドを見れば空気圧が書いてある場合もあるので、それをみてセットすれば完了します。

防げるパンク

自転車がパンクしてしまうと、押して帰るのに苦労しますよね。
パンクのほとんどは空気圧が不足していることが原因。
2週間に一度空気を入れておけば、タイヤが劣化しているなどを除けばかなりパンクを防ぐことが可能。

値段としても、電動空気入れは特別高いわけでもありません。
普通の空気入れに比べると3倍以上はすることが多いですが、面倒な空気入れとおさらばしながらもパンクしにくくするのが電動空気入れのメリットですよ。

関連記事

  1. 自転車の洗車は水をなるべく使わないことがポイント。

  2. 初めての自転車、小さなお子様に初めて自転車を買ってあげるときの3つのポイント

  3. バック拡げを使って後輪のタイヤ交換・チューブ交換をする自転車屋には行かないほうがいい

  4. 中古電動アシスト自転車を買うときに、注意したほうがいい3つのポイント。

  5. 10万円と100万円のロードバイク、いったい何が違うの?

  6. 大人でも人気!ジュニア選手用のジュニアカセットスプロケット。

  7. 自転車ベルの正しい使い方。歩行者に向けて鳴らすと・・・

  8. 3輪自転車は本当に要注意。

  9. ママチャリでもちゃんと空気圧を管理したい!そんな人向けの特殊バルブ。

  10. 4月は39000件のアクセスがありました。

  11. 45都道府県の出張対応の自転車修理店を公開しました

  12. ママチャリの前カゴは狙われる。盗難対策を。

アーカイブ