コーダーブルーム、RAIL ACTIVEは5万円台ながらもクロスバイクの本命ともいえるスペックで。

日本のブランド、コーダーブルームから、2021年モデルの新作クロスバイクが登場しています。
RAIL ACTIVEという車種で、元々存在していたRAILシリーズの中でもコストパフォーマンスに優れた一台と言えそうです。

コーダーブルーム RAIL ACTIVE


コーダーブルームというと、RAILシリーズのクロスバイクが有名。
軽量なアルミフレームで、かつお買い求めやすい価格帯にまとめた、本命クロスバイクの一つと言えます。

フレームはほかのRAILシリーズと同様に、軽量アルミの“EAST-L”Triple buttedフレーム。
フレーム重量は1350gとされていますが、クロスバイクの中ではダントツに軽いフレームです。
クロスバイクの重量は9.9キロ。
お値段は税別52000円となっているので、この価格帯ではダントツ軽い。

RAIL ACTIVEのポイントとなるのは、変速機(コンポーネント)。
クロスバイクの多くは、フロントが3段、リアが8段の構成になっているのですが、あえてこのRAIL ACTIVEはフロントが2段になっています。
同じRAILシリーズのRAIL700では3×8変速になっていますが(税別63,000円)、RAIL ACTIVEは2×8変速としているのがポイント。


変速が少ない分不利なのでは?と思う人もいるかもしれません。
クロスバイクのフロント3枚ギアの場合、3枚のうち一番軽いギアは使い道がほとんどなく、一般的な脚力であればフロントは2枚のほうが使い勝手がよくなります。

フレーム アルミ(“EAST-L”Triple butted)
フォーク アルミ
コンポーネント シマノターニー×アルタス(2×8変速)
タイヤ 32c
付属品 フラットペダル、高輝度ライト、キックスタンド、ベル、リフレクター
値段(税別) 52,000

 

日常生活からフィットネスまで


5万円台のクロスバイクの中では軽量性に優れているのと、変速数をフロント側を二枚にして使い勝手がよくなっているのがポイントです。
日常生活での通勤通学にもいいですし、サイクリング・フィットネス目的でも十分活躍できる一台。

ただしコロナ禍で、製造の遅れが出ているようで、メーカー発表では2021年5月以降に発売予定となっています。
新生活の通勤通学には間に合わない可能性が大なので、納期を十分注意しておきましょう。

関連記事

  1. ロードバイクやクロスバイクのパンク対策!瞬間パンク修理剤「クイックショット」。ママチャリでも使えますが・・・

  2. 夏場のサイクリングに必須!熱中症を避ける4つのアイテム。

  3. 持ち込みパーツの組み立ては、断られることも。

  4. 11sチェーンで最も耐久性がいいのは、WIPPERMANN CONNEX 11SX。

  5. 12月は14.8万PVでした。

  6. ポタリングに最適!BIANCHI LECCO。

  7. カーボンシートポストのメリットとは?振動吸収?軽量化?

  8. スポーツサイクルに乗るときには、アイウェアを着けることがマスト。

  9. パンク修理では、パッチの重ね貼りはNG。

  10. 通勤通学で時間が無いときのパンク対策に、パンク修理時は有効なのか?

  11. 10万円と100万円のロードバイク、いったい何が違うの?

  12. 【2021】クロモリのクロスバイク、おすすめ6選。細身のフレームで人気のクロスバイクを。