これからの時期のサイクリングに。汗止めバンドはお持ちですか?

気温が20度を超える日が続くようになり、サイクリングしていても汗をかなりかく時期になってきました。
ロードバイクの場合、目の保護目的でアイウェアをすることが一般的。

自転車に乗っているときに汗が目に垂れると、拭くことも出来ないし痛いしで踏んだり蹴ったりなんです。

必須の汗止めバンド

これからの季節に重要なのは、サイクリングでかいた汗を目に垂らさないこと。
目に汗が入ると痛くて、視界がゼロになってしまう危険性もあり本当に危ない。

そこで役立つのが、スポーツ用ヘッドバンド。


単なるヘッドバンドではなく、ヘッドバンド内側についている黄色いゴムが重要な役割を果たす。
ゴムで汗を堰き止めて横に流すことで、汗を目に垂らさないヘッドバンドになってます。

ヘルメットの中で装着できるのでかなり便利。
夏場は必須のアイテムですね。

夏に向けての対策を

ロードバイクやクロスバイクに乗るときも、冬場と夏場では全く違います。
夏場は熱中症対策が必須。
せっかくのドリンクもどんどんぬるくなってしまうので、保冷ボトルが重要です。



保冷機能だけで見ると、サーモスのような魔法瓶タイプがオススメ。
ただし魔法瓶タイプの場合、蓋を開けて飲むことになるので、走りながら飲むのはちょっと危ない。

プラスチック系保冷ボトルの場合は、走りながら飲むことが簡単ですが、保冷機能は弱い。

ヘッドバンドや保冷ボトルを駆使して、夏場のサイクリングをより快適にしましょう。

関連記事

  1. ロードバイクやクロスバイク、ギアの数が多いとどんなメリットがある?

  2. 冬の自転車は「耳」を守れ!痛さから守るイヤーウォーマー5選。

  3. 安物でもいいから頭を守ることが大切。ヘルメットを被るのはイヤ?

  4. 駐輪場は自転車窃盗の温床である理由。

  5. 安易に軽量化達成!軽量アルミステムでお財布にも優しい。

  6. FELT VERZA SPEED40。2022年も継続モデルです。

  7. 3月は33000件のアクセスがありました。

  8. ママチャリにチューブレスタイヤがない理由。

  9. コロナ禍で自転車通勤を始める人の、自転車選び5つのポイント。

  10. シティサイクル(ママチャリ)のパンクを予防する、たった二つの方法。

  11. 防犯登録は必須!東京都の自転車窃盗件数は年間どれくらい?

  12. ノーパンクタイヤは全くオススメ出来ないもの。パンクしないことのデメリット。

アーカイブ