ロードバイクのブレーキは105以上にした方がいい3つの理由。

ロードバイクのブレーキは、シマノであればデュラエースからクラリスまで6つのグレードがあります。
下位グレードのブレーキキャリパーだと、なかなか止まらないので安全性としてはちょっと疑問。
ブレーキをいいモノにすることで安全性も操作性も高まりますが、ブレーキについては最低でも105以上にしておくことがオススメ。

その理由を。

105~デュラエースはブレーキシューが共通

ブレーキキャリパーにはブレーキシューが付いているのですが、最上位のデュラエース、アルテグラ、105の3つについてはブレーキシューは同じもの。
R55C4というブレーキシューになっています。


ブレーキシューはリムを挟んでホイールの回転を止める直接的なパーツですが、シマノのR55C4ブレーキシューは評価が高く、制動力も抜群です。
下位グレードのブレーキキャリパーとはシューが違います。

105以上はカートリッジ式ブレーキシュー

105以上のブレーキキャリパーは、ブレーキシューがカートリッジ式。
そのため、シューがすり減ったときにはシューだけを交換できる仕組みです。

ティアグラ以下だと、このようにフネと呼ばれる土台とブレーキシューが一体化しているので、シューだけ交換出来ないようになっているので、交換するときに調整もちょっと面倒。
最初からシューだけを交換出来る105以上のほうが楽ちんです。


ブレーキの効きが違う

何と言ってもここ。
105以上とそれ以下では、ブレーキの効きが結構違います。
止まりたい、減速したいと思ったときにキッチリ止まってくれるのが105以上だし、ブレーキングのコントロール性も105以上とそれより下では大きな差がある。

ただし。
ブレーキは、ブレーキシューでリムを挟むことでホイールの回転を抑えるとはいえ、タイヤと地面の摩擦力によって制動力を発揮するもの。
タイヤがショボイと意味が無いので、タイヤもケチらずいいグレードのものを使い、ブレーキキャリパーも105以上にしておくと、峠の下り坂なんかは安心です。

なかなか止まらないブレーキだと、怖いですよ。



関連記事

  1. ロードバイクとグラベルロードの違いを解説するよ。

  2. 錆びる前にきちんと注油を。

  3. ビアンキのクロスバイク、C-SPORT1と2の違い(2022年モデル)

  4. 6月は79000件のPVがありました。

  5. シェアサイクルで事故を起こしてしまったとき、自転車保険は下りるのか?

  6. ロードバイクやクロスバイクに乗るときに、グローブを着ける意味。

  7. ロードバイクやクロスバイクを、店舗で買うか、通販で買うかの大きな違い。

  8. 2022年6月は22.8万PV。

  9. 雨の日は、出張受付をしていない修理店もあるので要注意!

  10. 自転車の交通違反でも逮捕される?逮捕される条件とは?

  11. お買い得度高し!コーダーブルームのFARNA TIAGRA

  12. Tubolito 超軽量チューブの弱点。