ロードバイクのブレーキは105以上にした方がいい3つの理由。

ロードバイクのブレーキは、シマノであればデュラエースからクラリスまで6つのグレードがあります。
下位グレードのブレーキキャリパーだと、なかなか止まらないので安全性としてはちょっと疑問。
ブレーキをいいモノにすることで安全性も操作性も高まりますが、ブレーキについては最低でも105以上にしておくことがオススメ。

その理由を。

105~デュラエースはブレーキシューが共通

ブレーキキャリパーにはブレーキシューが付いているのですが、最上位のデュラエース、アルテグラ、105の3つについてはブレーキシューは同じもの。
R55C4というブレーキシューになっています。


ブレーキシューはリムを挟んでホイールの回転を止める直接的なパーツですが、シマノのR55C4ブレーキシューは評価が高く、制動力も抜群です。
下位グレードのブレーキキャリパーとはシューが違います。

105以上はカートリッジ式ブレーキシュー

105以上のブレーキキャリパーは、ブレーキシューがカートリッジ式。
そのため、シューがすり減ったときにはシューだけを交換できる仕組みです。

ティアグラ以下だと、このようにフネと呼ばれる土台とブレーキシューが一体化しているので、シューだけ交換出来ないようになっているので、交換するときに調整もちょっと面倒。
最初からシューだけを交換出来る105以上のほうが楽ちんです。


ブレーキの効きが違う

何と言ってもここ。
105以上とそれ以下では、ブレーキの効きが結構違います。
止まりたい、減速したいと思ったときにキッチリ止まってくれるのが105以上だし、ブレーキングのコントロール性も105以上とそれより下では大きな差がある。

ただし。
ブレーキは、ブレーキシューでリムを挟むことでホイールの回転を抑えるとはいえ、タイヤと地面の摩擦力によって制動力を発揮するもの。
タイヤがショボイと意味が無いので、タイヤもケチらずいいグレードのものを使い、ブレーキキャリパーも105以上にしておくと、峠の下り坂なんかは安心です。

なかなか止まらないブレーキだと、怖いですよ。



関連記事

  1. 通販で購入した自転車、組み立てを自転車店に頼む場合の工賃はどれくらい?

  2. 出張非対応もOK。店舗別ページを強化キャンペーン中です。

  3. 1月は17.1万PVでした。

  4. ママチャリで車道を逆走するのは違反!

  5. Cervelo Caledonia。エンデュランスバイクながらもグラベル並みのタイヤクリアランスを確保。

  6. ママチャリのバルブキャップは、必須の部品。

  7. 馬蹄錠はすぐに破壊できる。だからダブルロックを。

  8. クロスバイクは3ヶ月も乗ったら、チェーンを洗浄して注油すると生まれ変わる。

  9. ブリヂストンアンカーの新型クロスバイクRL1が盗難補償付きで登場。

  10. 新サイトオープンします。

  11. 自転車で旅を!輪行袋の選び方とオススメ輪行袋3選。

  12. 自転車通勤をする上で知っておきたい、正しい交通ルール。自転車レーンを正しく理解しましょう。