自転車のチューブも定期的な交換が必要。

ママチャリの場合、パンクしない限りはチューブの交換をしない人が大多数です。
ですが「安全に使えること」と「たまたま問題なく使えたこと」は違います。

チューブはゴムで出来ている

自転車のチューブはゴムで出来ていますが、ゴム製品はどうしても経年劣化は避けられません。
そのため、もしパンクしていなくても安全性を考えるなら3年に一度はチューブ交換しておいたほうが無難。

チューブもそうですしタイヤもそうですが、ゴム製品は消耗品。
自然劣化が重大な事故につながることもあるため、本来はパンクしてなくても3年を目安に交換することが望ましい。

しかしながら

ロードバイクなどのスポーツ自転車に比べると、ママチャリに愛情を持ってメンテナンスする人は多くはありません。
パンクしない限りはチューブの交換をしない人もいます。

ゴム製品なので経年劣化は避けられませんし、走行中に突然パンクすると大変です。
本来自転車のメンテナンスというのは、何か不具合が出てからするめのではなく、不具合が出る前に予防策としてするもの。
何か起きてから自転車店に頼むのではなく、何かが起きる前に予防することが最も安全性を高めるコツと言えるでしょう。


関連記事

  1. 冬の自転車は「耳」を守れ!痛さから守るイヤーウォーマー5選。

  2. ママチャリの空気入れにこだわる。

  3. ロードバイクのブレーキは105以上にした方がいい3つの理由。

  4. 後続車の接近を知らせる!ガーミンのリアレーダー。

  5. 自転車屋がする、押し売りという悪。

  6. ママチャリのチェーン、どれくらいで寿命なのか?

  7. 自転車は横断歩道を乗ったまま渡ってもいいの?

  8. 冬の自転車は手が大事!防寒対策を。

  9. 2022年10月は23.5万PV。

  10. 2022年8月は21.8万PV。

  11. FUJI FEATHERはシングルスピードの街乗り向き自転車。

  12. ブレーキシューの位置に注意!パンクの原因に。