パナレーサーから小型軽量ミニフロアポンプ「BMP-24AEZ」が登場。

パナレーサーからスポーツサイクルのパンク対策に便利な携帯用ポンプ、BMP-24AEZが登場しました。

早速ですのでスペックを見ていきましょう。

パナレーサーBMP-24AEZ


あくまでもこの空気入れは携帯用。
スポーツサイクルに乗っているときにパンクした場合、自分でチューブ交換して携帯用ポンプで空気を入れて復帰しますが、パナレーサーのBMP-24AEZはまさに携帯用ポンプです。

このポンプの特徴は、体重をかけて空気を入れるフロアポンプ同様に、足を固定して体重をかけて空気を入れることが可能なこと。
家に置いてある空気入れのミニチュア版と思えばよい。

空気圧を計測可能なゲージ付き。
スポーツサイクル用なので、仏式バルブと米式バルブに対応していましが、ママチャリの英式バルブには対応しません。

重量も200gと軽量で、長さも260mmなので持ち運びも苦にはならないスペックです。
アルミ製ボディで頑丈さもあり、フレームに取り付けるためのブラケットも付属しています。

このタイプで大切なのは、フロアポンプのミニチュア版なので体重をかけて空気を入れることが可能なこと。
ただしミニチュア版なので、身長が高い人はちょっとつらいかもしれません。
カラーはブラック、シルバーの2色展開。


携帯用ポンプ

携帯用ポンプの場合、パナレーサーのもののように「フロアポンプのミニチュア版」として体重をかけて使えるタイプか、ひたすら手で押したり引いたりするタイプのどちらかになります。
フロアポンプのミニチュア版は体重をかけて使える点がメリットですが、中腰になるため身長が高い人だと使いづらい場合も。

手で押したり引いたりするタイプの場合、軽い力で押したり引いたりできるタイプも最近増えています。
トピークのローディーTTはダブルチャンバーにより、押しても引いても空気圧を高める仕様。

どちらのタイプが作業性がいいかについては、実際に試さないとイメージが沸きづらいところですが、身長が低めの人はミニチュア版フロアポンプのほうがやりやすいかもしれません。

関連記事

  1. ノーパンクタイヤは全くオススメ出来ないもの。パンクしないことのデメリット。

  2. ビアンキのクロスバイク、C-SPORT1と2の違い(2022年モデル)

  3. クロスバイクの変速段数は、多いほうが有利?

  4. ママチャリのタイヤ、寿命のサインは「ひび割れ」。

  5. 防犯登録は必須!東京都の自転車窃盗件数は年間どれくらい?

  6. ロードバイクはホイールが命!ホイールをグレードアップすればまるで違う乗り心地に。

  7. フリーパワーは効果がある?坂道でもスイスイ?

  8. チェーン切り工具にこだわる。おすすめはシマノのチェーン切り。

  9. パンク修理では、パッチの重ね貼りはNG。

  10. ジュニア用ロードバイク!KHODAA BLOOMのSTRAUSS24。

  11. カーボンシートポストのメリットとは?振動吸収?軽量化?

  12. 雨だと出張対応しない自転車屋さんもある