夏場のサイクリングに必須!熱中症を避ける4つのアイテム。

この暑い季節、サイクリングしていて気を付けるものは熱中症。
いかに熱中症リスクを下げるかが問題になりますが、おすすめの4つのアイテムをご紹介。

ナルーマスク N1S


ナルーマスクN1sはUVカットが99%。
日焼けを防止することで、熱中症予防になります。

口元のフィルターは、呼吸がしやすい穴あきと、反対側にすると呼吸穴無しのリバーシブル。

HALO ヘッドバンド


このヘッドバンドは直接的に熱中症予防になるものではありません。
夏場は汗をかなりかきますが、汗が目に垂れるのを防ぐ特殊なヘッドバンド。

走行中に汗が目に垂れるとかなり痛い上に、視界が効かなくなって危険。
安全性を高めると同時に、快適なサイクリングライフに役立つヘッドバンドです。

サーモス 保冷ボトル


夏場のサイクリングは汗をかなりかくので、その分水分補給も大切。
ヌルいドリンクよりも冷えたものを飲みたいと思う人も多い。

いわゆる魔法瓶タイプなので、かなりの時間冷たいドリンクを飲むことが可能になっています。

塩タブレット


汗と同時に塩分も流れていくため、塩分補給も大切。
取り過ぎには注意ですが、水分と塩分を効果的に摂取することが大切。

関連記事

  1. 自転車ライトはやや下向き!ハイビーム攻撃はやめよう。

  2. チェーン店vs 個人店。自転車修理はどっちがいい?

  3. 雨の日は、出張受付をしていない修理店もあるので要注意!

  4. ママチャリのバルブキャップは、必須の部品。

  5. 納得してもらうのも技術。

  6. 2022年11月は22.3万PV。

  7. 失敗しない出張自転車店の選び方。

  8. ツールケースorサドルバッグ。

  9. 転倒や衝突で自転車のハンドルが曲がってしまった場合の対処法

  10. 2022年3月は18.3万PV。

  11. チェーンオイルは掛けたら拭くことが大事。

  12. 路側帯も逆走はNG!そこは歩道ではない!