夏場のサイクリングに必須!熱中症を避ける4つのアイテム。

この暑い季節、サイクリングしていて気を付けるものは熱中症。
いかに熱中症リスクを下げるかが問題になりますが、おすすめの4つのアイテムをご紹介。

ナルーマスク N1S


ナルーマスクN1sはUVカットが99%。
日焼けを防止することで、熱中症予防になります。

口元のフィルターは、呼吸がしやすい穴あきと、反対側にすると呼吸穴無しのリバーシブル。

HALO ヘッドバンド


このヘッドバンドは直接的に熱中症予防になるものではありません。
夏場は汗をかなりかきますが、汗が目に垂れるのを防ぐ特殊なヘッドバンド。

走行中に汗が目に垂れるとかなり痛い上に、視界が効かなくなって危険。
安全性を高めると同時に、快適なサイクリングライフに役立つヘッドバンドです。

サーモス 保冷ボトル


夏場のサイクリングは汗をかなりかくので、その分水分補給も大切。
ヌルいドリンクよりも冷えたものを飲みたいと思う人も多い。

いわゆる魔法瓶タイプなので、かなりの時間冷たいドリンクを飲むことが可能になっています。

塩タブレット


汗と同時に塩分も流れていくため、塩分補給も大切。
取り過ぎには注意ですが、水分と塩分を効果的に摂取することが大切。

関連記事

  1. GIANT CONTEND0(ゼロ)。2022年モデルには105モデルがあります。

  2. 自転車の鍵が「硬い」!?スムーズに開かなくなった鍵への対処はどうする?

  3. MERIDA、10万円台で購入できるロードバイク4選。

  4. 自転車ライトの「ハイパーフラッシュモード」は夜間は使わないで。

  5. シティサイクル(ママチャリ)のパンクを予防する、たった二つの方法。

  6. 路側帯も逆走はNG!そこは歩道ではない!

  7. チェーン切り工具にこだわる。おすすめはシマノのチェーン切り。

  8. チェーンを洗浄することで、ペダリングが軽くなる。

  9. 12月は14.8万PVでした。

  10. ロードバイク用携帯ポンプは、トピークのローディーTTがオススメ。

  11. ロードバイクはホイールが命!ホイールをグレードアップすればまるで違う乗り心地に。

  12. 防犯登録は必須!東京都の自転車窃盗件数は年間どれくらい?