自転車店に壊された場合と対処法。

自転車店も人間ですから、失敗することは当然あります。
失敗して破壊してしまうことがダメなのではなく、失敗に対しきちんと対処しない自転車店がダメなのです。

パーツ交換必須なのに応急処置

本来はパーツ交換必須なのに、応急処置で済まそうとする自転車店は要注意。
ネジ山がなめてしまったにもかかわらず、交換せずにネジ止め剤(ロックタイト)でごまかすような自転車店もあるようです。

しかも、ネジ止めが効いてしまえば今度はパーツ交換すらできなくなり、どうしようもない状態に悪化させています。
最悪の場合には、パーツ交換しないといけない場面で交換できず廃車扱いです。

お客さんは「知らない」

お客さんは知識が豊富なわけではないため、自転車店の言うことを信じて同意しがち。
ここが落とし穴です。

安易に同意せず他店に意見を聞いてからがベターなのですが、なかなか難しいのが現実です。

関連記事

  1. ママチャリのパンク防止に救世主!?タイヤライナー。

  2. ママチャリでもちゃんと空気圧を管理したい!そんな人向けの特殊バルブ。

  3. 空気圧が低いことによるリスク。

  4. ロードバイクを買ったらスプロケットを変えてみるのがいい。

  5. 通勤通学に向くチューブ、向かないチューブ(ロードバイク・クロスバイク編)

  6. ガタガタ異音が鳴るママチャリは、早めに修理を。

  7. 車道を走る自転車、本当に安全な追越し車間距離はどれくらい?

  8. 空気の入れすぎによるパンク。

  9. ポタリングに最適!BIANCHI LECCO。

  10. ツールケースorサドルバッグ。

  11. EVERSのパンク防止剤、それなりに効果がある。

  12. 出張非対応もOK。店舗別ページを強化キャンペーン中です。