自転車店に壊された場合と対処法。

自転車店も人間ですから、失敗することは当然あります。
失敗して破壊してしまうことがダメなのではなく、失敗に対しきちんと対処しない自転車店がダメなのです。

パーツ交換必須なのに応急処置

本来はパーツ交換必須なのに、応急処置で済まそうとする自転車店は要注意。
ネジ山がなめてしまったにもかかわらず、交換せずにネジ止め剤(ロックタイト)でごまかすような自転車店もあるようです。

しかも、ネジ止めが効いてしまえば今度はパーツ交換すらできなくなり、どうしようもない状態に悪化させています。
最悪の場合には、パーツ交換しないといけない場面で交換できず廃車扱いです。

お客さんは「知らない」

お客さんは知識が豊富なわけではないため、自転車店の言うことを信じて同意しがち。
ここが落とし穴です。

安易に同意せず他店に意見を聞いてからがベターなのですが、なかなか難しいのが現実です。

関連記事

  1. ママチャリのサドルの高さはどれくらいがベスト?

  2. 自転車であっても、ひき逃げは成立する。

  3. 人気のBRYTONのサイクルコンピューター、どれを買うべき?

  4. カーボンの自転車は壊れやすいのか?

  5. 激安クロスバイクとまともなクロスバイクの違い。おすすめクロスバイク5選。

  6. DR SLUDGE パンクシーラント。

  7. シティサイクル(ママチャリ)のパンクを予防する、たった二つの方法。

  8. 輪行後の変速不良は、リアディレイラーハンガーを疑う。

  9. 自転車ヘルメットが努力義務化。

  10. スポーツ自転車はサドルが高い位置にある。初心者さんの中には、怖いと思う人も。

  11. パンク修理してもらったのに、翌日にはパンク!?自転車屋のミスなのか?

  12. 安全意識が強い人は、もはやダブルライトは当たり前の時代へ。