電動アシスト自転車のバッテリーは、寒さに弱い。

電動アシスト自転車にはバッテリーがありますが、ほとんどのママチャリは屋外保管。
バッテリーは寒さに弱いのです。

バッテリーは寒さに弱い

充電するとき以外は自転車にバッテリーを付けっぱなしにする人も多いと思いますが、バッテリーは気温10℃以下になると弱くなることがあります。

気温が約10℃以下では、バッテリーの反応が鈍くなり走行距離が短くなったり、発進時のアシスト力が弱くなることがあります。
気温が上昇すると回復します。
対応方法としては、バッテリーを暖かい室内で保管しておいて使用すると、この症状を軽くすることができます。

https://www.yamaha-motor.co.jp/pas/faq/answer/cn/04/qn/post_191/

そのため、面倒でも寒い時期はバッテリーを室内に持ち帰ったほうがベター。
バッテリーはまあまあ重たいため面倒ですが、バッテリーを効果的に使うためには冬の寒いときに注意したほうがいいでしょう。

寒い外に放置したままだと、いざ乗ろうとしたときにはバッテリーがうまく作動しないこともあれば、走行距離が短くなり帰りはバッテリー切れを起こしたりすることもあります。
また、登り坂などではバッテリーがうまく働かずパワーが足りなくなることもあります。

意外と繊細なバッテリー

電動アシスト自転車の場合、バッテリーがあることが前提で設計されているため、バッテリー無しではびっくりするほど前に進みません。
さらに、バッテリー単体を買おうとすると4万円近くかかることもザラ。

バッテリーの劣化は大きな出費になりますし、なるべく労りながら長く使えるようにしましょう。


関連記事

  1. せっかく始める自転車通勤、速度や距離を知りたくないですか?入門編スピードメーター。

  2. オススメのフラットペダルは、やはり三ヶ島。

  3. オススメ自転車用ミラー6選。クロスバイクやロードバイクだけではなくママチャリにも。

  4. サイクルベースあさひのサイクルメイトが大幅に変更。保険が充実した新しい形。

  5. ノーパンクタイヤは全くオススメ出来ないもの。パンクしないことのデメリット。

  6. 冬に手が冷たくないですか?ハンドルカバーで快適に自転車に乗ろう。

  7. 2022年6月は22.8万PV。

  8. ダメ絶対!注油すると壊れます。

  9. 自転車レーンの種類。

  10. 自転車保険とロードサービス。ロードサービスは必要?

  11. 定番クロスバイクと言えば、GIOSミストラル。

  12. 防犯登録をしないリスク。