BIANCHI VIA NIRONE7はエントリーグレードで人気が高いロードバイク。

ビアンキはイタリアのブランドで、チェレステというエメラルドグリーンのような独特のカラーリングが人気。
今回はエントリーグレードのロードバイク、ヴィアニローネ7について。

3つのニローネ

ヴィアニローネ7という名前は、ビアンキの創業者エドアルド・ビアンキが最初に店舗を出した地名に由来します。
ミラノにある、ニローネ通りの7番地がビアンキの出発点です。

ヴィアニローネ7は、ビアンキ創業の地の名前を由来とし、ビアンキのロードバイクの中でもエントリーグレード、最も買いやすい価格帯に設定されたアルミフレームのロードバイクです。

現在流通しているアルミフレームの基礎を作ったのは、何を隠そうビアンキ。
メガプロという大口径化したアルミフレームは、ビアンキが出発点です。
その後、他社もアルミフレームの大口径化に取り組み、現在のアルミフレームの基礎となっています。

ニローネは、三つの車種があります。

①VIA NIRONE7 105
②VIA NIRONE7 ソラ
③VUA NIRONE7 ALLROAD

1と2はフレームが全く同じ。
違いはパーツだけとなっています。

VIA NIRONE ALLROADについては、ロードバイクではなくグラベルロードという近年注目されている車種になります。
グラベルロードはオフロードも走れるようにフレームを頑丈にしつつ、太いタイヤをセットしているのが特徴。

舗装路だけを走るならロードバイクであるVIA NIRONEのほうが速いですが、グラベルロードのALLROADは太いタイヤで安定感と振動吸収性が優れているため、舗装路でも速さよりも安定感や乗り心地を求める人に向いています。

VIA NIRONE7 105&ソラ


VIA NIRONE7の105とソラは、フレームが全く同じ。
パーツスペックが異なるため価格差があります。

105とかソラというのは、コンポーネントの名称。
105は2×11速のコンポで、ソラは2×9速のコンポになるため、105のほうが上位コンポーネントとなり価格も上。

105 ソラ
フレーム アルミ
フォーク カーボン
コンポ 105(2×11s) ソラ(2×9s)
ホイール SHIMANO WH-RS100 ビアンキオリジナルホイール
タイヤ VITTORIA ZAFFIRO V 700×25C
価格(税別) 148,000 110,000

 

3万8千円の価格差がありますが、これのほとんどはコンポーネントの差。
コンポは上位から順に以下のようになっています。

コンポーネント 変速数
デュラエース 2×11
アルテグラ
105
ティアグラ 2×10
ソラ 2×9
クラリス 2×8

上位のコンポーネントのほうがブレーキの効きがよく、変速数が多く、変速がスムーズになっています。
105は最も人気が高いコンポになるため、オススメになるのは105コンポが付いてくる完成車。

VIA NIRONE7はややアップライトなハンドルポジションで、ロングライドを快適にがコンセプト。
レース向きではありませんが、ビアンキのロードバイクの中では最も安価に買えるため人気が高いのが特徴です。


VIA NIRONE7 ALLROAD


VIA NIRONE7 ALLROADはグラベルロードという種類の自転車で、舗装路から未舗装路(オフロード)まで走れるようにするために、フレームを頑丈にしてタイヤを太くしたモデルです。
海外ではグラベルロードのレースも盛んにあり、オフロードから舗装路までを走破するのですが、日本ではグラベルレースはほとんどないのが現状。

荷物を積載しやすいことや、タイヤが太く乗り心地がいいため、スピードよりも乗り心地を求める人であったり、キャンプツーリングしたい人などに向いています。

コンポーネントはシマノGRX400。
GRXはシマノのグラベルロード用コンポーネントですが、ロードコンポでいうとティアグラ相当の油圧ディスクブレーキになっています。
変速数は2×10。

ロードバイクのニローネは25c(25mm)のタイヤになっていますが、ALLROADのニローネは32c(32mm)のタイヤになっているのが特徴。
なお、ロードバイクのニローネには32cタイヤを入れることは出来ません。

人気のチェレステを

ビアンキというとチェレステという独特のカラーリングが人気のブランドです。
職人がミラノの空の色をモチーフにしながら決めていると言われ、毎年微妙にカラーリングが変わりますが、チェレステという方向性は創業以来一貫したブランドのアイデンティティです。

人気が高い上に、今はコロナ情勢下で世界中で自転車需要が高まっていることがあり、注文しても納期が遅れる可能性が高いので欲しい方はお早めに。
毎年品切れが続出するのがビアンキの人気ぶりを象徴しています。

関連記事

  1. ハブにオイルを使ってはいけない。

  2. 自転車には注油してはいけない場所がある。

  3. 自転車の手抜き組立てに注意。

  4. 10月はおよそ7200名の方にお越し頂きました。

  5. 自転車チューブの不良品?そんなに多いのか?

  6. 自転車に「ベル」を装備していないと違反!

  7. 定番クロスバイクと言えば、GIOSミストラル。

  8. すぐに空気が抜けるのは虫ゴムの劣化!この際、スーパーバルブかスペシャルバルブに替えましょう。

  9. ママチャリで車道を逆走するのは違反!

  10. クロスバイクは3ヶ月も乗ったら、チェーンを洗浄して注油すると生まれ変わる。

  11. ロードバイクはホイールが命!ホイールをグレードアップすればまるで違う乗り心地に。

  12. カーボンシートポストがズリ落ちるときにはコレ。