シティサイクル(ママチャリ)のパンクを予防する、たった二つの方法。

シティサイクル(ママチャリ)のトラブルで最も多いのは、パンクです。
パンクは運次第・・・というのも実はありますが、多くのパンクは予防することが可能です。

パンクのほとんどは、【空気不足】


パンクのほとんどが、空気が足りてないことって知ってましたか?
パンクは、釘などを踏んで穴が開くこともありますが、実はそれは少数派。

ほとんどのパンクは、空気が足りてないことで、ちょっとした段差などの衝撃によって、チューブが挟み込まれて穴が開いてしまうものです(リム打ちパンク)。

このタイプの予防法は、たった一つ。
定期的に空気を入れることだけです!

どれくらいに頻度で入れるかというと、シティサイクルなら一ヶ月に一度でも構いません。
こういうのは日にちを決めてしまったほうがわかりやすいので、毎月1日には必ず空気を入れるとか、決めちゃえばいい。

理想的には1日と15日の月二回のほうがいいです。
タイヤを押してパンパンになっているくらいでいい。

もう一つはタイヤ交換

タイヤを見て磨り減っていて溝がなくなっていると、タイヤがもう寿命です。
ツルツルタイヤはもうダメ。
ツルツルタイヤはパンクしやすくなるので、パンクする前に交換しちゃったほうがいい。

忙しい人に最適な出張自転車修理

出張の自転車修理屋さんなら、タイヤ交換も家にいるだけで完了します。
出張の自転車修理屋さんって、高いのではないかと感じる人もいると思うのですが、実態としては、出張料が数百円加算される程度のことが多いようです。

パンクしちゃって、家まで遠いのに押して帰るしかないようなことになる前に、最低でも一ヶ月に一度は空気を入れることと、タイヤを見て、ツルツルタイヤになっていれば交換しちゃうのがいいでしょう。


関連記事

  1. 中古の古タイヤを使ってくる自転車屋に注意。

  2. ぼったくり自転車店と修理。

  3. 2022年9月は24.5万PV。

  4. 2022年3月は18.3万PV。

  5. ママチャリのチェーン、どれくらいで寿命なのか?

  6. コーダーブルームのRAIL ACTIVEに注目すべき3つの理由。

  7. 自転車ベルは、歩行者に向けてはならない。

  8. 自転車の手抜き組立てに注意。

  9. 雨だと出張対応しない自転車屋さんもある

  10. 2022年10月は23.5万PV。

  11. 電動キックボードの通行方法。

  12. 自転車と言えど、事故があったら救護義務と通報義務がある。