シティサイクル(ママチャリ)のパンクを予防する、たった二つの方法。

シティサイクル(ママチャリ)のトラブルで最も多いのは、パンクです。
パンクは運次第・・・というのも実はありますが、多くのパンクは予防することが可能です。

パンクのほとんどは、【空気不足】


パンクのほとんどが、空気が足りてないことって知ってましたか?
パンクは、釘などを踏んで穴が開くこともありますが、実はそれは少数派。

ほとんどのパンクは、空気が足りてないことで、ちょっとした段差などの衝撃によって、チューブが挟み込まれて穴が開いてしまうものです(リム打ちパンク)。

このタイプの予防法は、たった一つ。
定期的に空気を入れることだけです!

どれくらいに頻度で入れるかというと、シティサイクルなら一ヶ月に一度でも構いません。
こういうのは日にちを決めてしまったほうがわかりやすいので、毎月1日には必ず空気を入れるとか、決めちゃえばいい。

理想的には1日と15日の月二回のほうがいいです。
タイヤを押してパンパンになっているくらいでいい。

もう一つはタイヤ交換

タイヤを見て磨り減っていて溝がなくなっていると、タイヤがもう寿命です。
ツルツルタイヤはもうダメ。
ツルツルタイヤはパンクしやすくなるので、パンクする前に交換しちゃったほうがいい。

忙しい人に最適な出張自転車修理

出張の自転車修理屋さんなら、タイヤ交換も家にいるだけで完了します。
出張の自転車修理屋さんって、高いのではないかと感じる人もいると思うのですが、実態としては、出張料が数百円加算される程度のことが多いようです。

パンクしちゃって、家まで遠いのに押して帰るしかないようなことになる前に、最低でも一ヶ月に一度は空気を入れることと、タイヤを見て、ツルツルタイヤになっていれば交換しちゃうのがいいでしょう。


関連記事

  1. ロードバイクやクロスバイクを、店舗で買うか、通販で買うかの大きな違い。

  2. パンク防止剤は、効果がある場合とない場合がある。

  3. ノーパンクタイヤは全くオススメ出来ないもの。パンクしないことのデメリット。

  4. 自転車屋がする、押し売りという悪。

  5. 夜やトンネル内は、自転車でもリアライトが必須。

  6. 自転車事故は、軽微でも警察へ通報を。

  7. 埼玉県の自転車出張修理店に、あさひ草加弁天店を追加しました。

  8. サイクルベースあさひのサイクルポーター(出張修理)

  9. 冬の自転車は「耳」を守れ!痛さから守るイヤーウォーマー5選。

  10. クロスバイク、おすすめリアライト5選。被視認性を高めるリアライトの選び方。

  11. カーボンシートポストのメリットとは?振動吸収?軽量化?

  12. 何でもかんでもパンク修理する店と、とにかくチューブ交換を促す店。