通勤通学用のクロスバイク、ディスクブレーキを選ぶべき?

元々クロスバイクというと、ブレーキはVブレーキという、リムを挟んで止めるものが主流でした。
今はディスクブレーキが増えています。

ディスクブレーキのほうが高性能と思われがちですが、どっちを選ぶべきなのでしょうか?

ディスクブレーキとリムブレーキのメリット・デメリット

ディスクブレーキもリムブレーキも、それぞれにメリットとデメリットがあるのでまとめました。

リムブレーキ ディスクブレーキ
値段 ディスク車よりも安い リムブレーキ車よりも高い
重量 軽い 重い
晴れの日のブレーキング力 同じくらい 同じくらい
雨の日のブレーキング力 明らかに低下する 多少低下するものの十分効く

 

まずは値段と重量から。
定番クロスバイクというと、昔からジャイアントのエスケープR3が有名。


https://www.giant.co.jp/

エスケープR3にはディスクブレーキ車もありますが、値段の安さ、重量の軽さはリムブレーキ車に軍配が上がります。

エスケープR3 エスケープR DISC
値段(税込み) 57,200 67,100
重量 10.7キロ 11.5キロ

ディスクブレーキ車はどうしても値段が高くなってしまうので、約1万円の差になります。

性能面で分かりやすい点を挙げるとすると、雨の日のブレーキの効き具合。
リムブレーキは雨の日には、ブレーキング力が大幅に低下します。
ディスクブレーキの強みはここで、雨の日でも制動力が落ちにくいのが最大の利点。

雨の日も乗るならディスクを

クロスバイクの場合は通勤や通学に使う方も多いため、雨の日でも乗るならディスクブレーキのほうが安全。
リムブレーキは雨の弱いのですが、晴れている日であればクロスバイクのVブレーキは十分な制動力を発揮します。

重量面も大きな差になりますが、乗ってみるとそこまでの差とは感じないかもしれません。
値段はそこそこ違うため、予算次第でもあります。

最後にどうしても迷うなら、見た目で判断するのもよい。
ディスクブレーキのメカっぽい感じがカッコいいと思う人もいれば、リムブレーキのシンプルな感じが好きな人もいます。

雨の日に乗らないのであれば、ディスクブレーキであることはそこまでメリットにはなりませんが、どういうときに乗るのかを関上げて選ぶといいでしょう。



関連記事

  1. ノーパンクタイヤは全くオススメ出来ないもの。パンクしないことのデメリット。

  2. コーダーブルームKESIKI。やっと販売開始に。

  3. パナレーサーから小型軽量ミニフロアポンプ「BMP-24AEZ」が登場。

  4. Cervelo Caledonia。エンデュランスバイクながらもグラベル並みのタイヤクリアランスを確保。

  5. ロードバイク用携帯ポンプは、トピークのローディーTTがオススメ。

  6. クロスバイクで人気のグリップは?

  7. バック拡げを使って後輪のタイヤ交換・チューブ交換をする自転車屋には行かないほうがいい

  8. ネット通販で購入した自転車の組立を断る自転車店。

  9. 空気圧が低いことによるリスク。

  10. 自転車のカギが硬くても、鍵穴への注油はダメ、絶対。

  11. 素人修理は破壊行為になる。

  12. カーボンシートポストのメリットとは?振動吸収?軽量化?