突然の自転車タイヤのバーストに!タイヤブートを。

サイクリング中にパンクしたらチューブを交換すれば復旧できますが、一番困るのはタイヤのバースト。
タイヤがバーストしてしまえば、チューブを交換しても無意味です。

予期せぬタイヤバーストに備えるには、タイヤブートがオススメ。

タイヤブート


タイヤがバーストしてしまったときに、タイヤの中に貼る当て布みたいなものがタイヤブートです。
あくまでも応急処置ですが、重篤なタイヤバーストではなければこれがあれば復旧できます。

タイヤに大きめの穴が開いてしまったときにも有効です。
シールのようになっているため、チューブ交換を自力でできる人なら難しいことは特になし。

帰宅後はタイヤ交換を

あくまでも応急処置なので、帰宅できるように補強するだけの効果しかありません。
それなりに強いので、多少の穴ならタイヤブートを貼りしばらく同じタイヤを使い続ける人もいますが。

帰宅後にはタイヤを新品に交換しましょう。


関連記事

  1. 近年大注目のNESTOのクロスバイク特集。手頃な価格で通勤通学にも便利。

  2. 自転車が歩道を通行するときの「徐行」とはどれくらい?

  3. 真夏のサイクリングは危険!保冷ボトルで対策を!

  4. ロードバイクのブレーキをグレードアップして、安全性を高める。

  5. パンク防止ライナー。

  6. ツルツルタイヤはすぐに交換を。

  7. クロスバイク用フロントライトのおすすめ5選。通勤通学の必需品。

  8. 後続車の接近を知らせる!ガーミンのリアレーダー。

  9. ママチャリで車道を逆走するのは違反!

  10. ちょっとの油断が大敵!ちょっと目を離すときも鍵を掛けよう!

  11. 冬の自転車は「耳」を守れ!痛さから守るイヤーウォーマー5選。

  12. ママチャリのチェーンに、クレ556はオススメできません