突然の自転車タイヤのバーストに!タイヤブートを。

サイクリング中にパンクしたらチューブを交換すれば復旧できますが、一番困るのはタイヤのバースト。
タイヤがバーストしてしまえば、チューブを交換しても無意味です。

予期せぬタイヤバーストに備えるには、タイヤブートがオススメ。

タイヤブート


タイヤがバーストしてしまったときに、タイヤの中に貼る当て布みたいなものがタイヤブートです。
あくまでも応急処置ですが、重篤なタイヤバーストではなければこれがあれば復旧できます。

タイヤに大きめの穴が開いてしまったときにも有効です。
シールのようになっているため、チューブ交換を自力でできる人なら難しいことは特になし。

帰宅後はタイヤ交換を

あくまでも応急処置なので、帰宅できるように補強するだけの効果しかありません。
それなりに強いので、多少の穴ならタイヤブートを貼りしばらく同じタイヤを使い続ける人もいますが。

帰宅後にはタイヤを新品に交換しましょう。


関連記事

  1. 自転車通勤をする方が、パンクを最大限避けるための3つのコツ。

  2. ママチャリのタイヤを交換。

  3. TOPEAK AIRBOOSTER G2。CO2インフレーターでも空気圧を測定可能。

  4. ママチャリのチェーン洗浄は、水を使わないことがオススメ。

  5. 高齢者向けの電動アシスト自転車。

  6. 自転車であっても、ひき逃げは成立する。

  7. Fuji MADCAPとRAIZの違い。

  8. これからの時期のサイクリングに。汗止めバンドはお持ちですか?

  9. 自転車は横断歩道を乗ったまま渡ってもいいの?

  10. パンク防止ライナー。

  11. 初心者におすすめのビンディングペダル7選。ロードバイクやクロスバイクで使い勝手がいいペダルを。

  12. 自転車は横断歩道を降りて渡る義務がある。