雨に濡れた自転車、錆を予防するには?

雨に濡れた自転車、どんどん錆びていきます。
ロードバイクのような趣味性が高い自転車ならしっかりメンテナンスする人が多いですが、ママチャリのメンテナンスはしない人が多い。

簡単に錆を予防するにはどうしたらいいのでしょうか。

錆びる場所はチェーン

自転車で錆びやすいのはチェーンです。
雨に濡れたままだとあっという間に錆びていきます。

普通のチェーンオイルを多めにつけた後に拭き取りでもいいのですが、水置換性があるラスペネがあると便利。


水置換性オイルとは、水分を追い出す性質があるもの。
ラスペネをチェーンにつけて拭き取りすれば、水分を追い出す効果があるため錆の防止になります。

しっかり拭く

錆の原因は水分なので、濡れたところを拭くことが大事。
拭いた後ですが、自転車にはカバーなどを掛けずに自然乾燥させたほうがよいです。

時々、自転車にカバーを掛ける人がいますが、濡れたまま自転車にカバーを掛けると中で湿度が上がるだけ。
全然乾きません。

趣味性が高いロードバイクなどと違いママチャリを室内保管する人は滅多にいないため、完全に錆を予防することは難しいものの、最も錆やすいチェーンにラスペネをつけるだけでも錆の予防になります。

錆びてしまうと、チェーンは新品に交換するしかありません。


関連記事

  1. 車道を走る自転車、本当に安全な追越し車間距離はどれくらい?

  2. ペットボトルでも安定するボトルケージ。

  3. パンク修理では、パッチの重ね貼りはNG。

  4. ママチャリでもちゃんと空気圧を管理したい!そんな人向けの特殊バルブ。

  5. ママチャリの空気が足りないことで起こる3つの弊害。

  6. ロードバイクとグラベルロードの違いを解説するよ。

  7. 駐輪場は自転車窃盗の温床である理由。

  8. 大人でも人気!ジュニア選手用のジュニアカセットスプロケット。

  9. 2022年モデル、コーダーブルームのFARNA CLARIS。約10万でエントリーグレードの一台。

  10. ロードバイク・クロスバイクは専門店で修理するのが無難。

  11. 1月は17000人の方のアクセスがありました。

  12. 3輪自転車は本当に要注意。